理事就任のお知らせ|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorder; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
MSの専門医が答えるQ and A
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
NMOSDの専門医が答えるQ and A
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
中田郷子のブログ
近藤誉之のブログ
マダミーのブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > お知らせ~ニュース > 理事就任のお知らせ

ニュース

理事就任のお知らせ

本日付けでMSキャビン理事に新しい仲間が加わりました☆

 

みなさまご存知の中島一郎先生です。

 

一段と強力なメンバーになりました。団体概要のページも更新したのでご覧ください。→「団体概要」へ

 

これからもMSとNMOの信頼ある情報をお届けして参りますので、どうぞよろしくお願いいたします!

 

中島先生からのご挨拶をご紹介いたします。

 


 

平成29年4月1日付けで、東北医科薬科大学医学部老年神経内科学の教授を拝命いたしました。勤務先は東北医科薬科大学病院神経内科で、仙台市宮城野区福室にあります。

 

JR仙石線の陸前高砂駅が最寄りの駅で、仙台うみの杜水族館が近くにあります。以前この場所には500床程度の東北厚生年金病院があり、20年以上前に私もここで半年間研修しました。

 

4年前に東北薬科大学が病院を買収して、単科の薬科大学としては本邦初の大学付属病院となり、平成28年4月に東北医科薬科大学医学部の設置により東北医科薬科大学病院と名称が変更になりました。

 

当院は、東北厚生年金病院の時代から高次脳機能障害のリハビリを含むリハビリ診療が充実しており、今も優秀なリハビリスタッフが揃っています。当科ではこれまでに多発性硬化症の患者さんの高次脳機能障害評価をまとめて論文報告をするなど、病院の特色を活かした研究を進めてきました。

 

神経内科のスタッフは7名で、そのうち多発性硬化症の専門医は私を含めて3名、高次脳機能障害の専門医が1名含まれています。今後も多発性硬化症や視神経脊髄炎の病態解明や治療法の開発に向けて、東北大学神経内科と連携しながら臨床研究に励んでいく所存です。

 

縁があってこの度MSキャビンの理事の末席に加えていただきました。少しでもみなさんのお役に立てるような活動が出来ればと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

東北医科薬科大学病院神経内科
中島一郎

2017.4.1

月別アーカイブ
認定特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.