荒川セミナー|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica; NMO)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
ms nmo のこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
NMOのあらまし
妊婦とMS
治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
各種募集
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
中田郷子のブログ
近藤誉之のブログ
マダミーのブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
http://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

トップページ > 中田郷子のブログ > 荒川セミナー

中田郷子のブログ

荒川セミナー

金曜日は家族の病院の付き添いのため、お休みをいただきました。すみません。

 

土曜日は翌日のセミナーの準備を中心にすすめました。会計入力もしたかったんですが、先日NMOの方にお願いしたアンケートの謝礼送付の件でおかしいなと思うことがあって、独自に調べました。それに半日くらいかかってしまいました。

 

そして日曜日は日暮里でセミナーです。講師は前回と同じく大橋高志先生(東京女子医大八千代医療センター)。まずはMSとNMOはどのような病気かをお話いただきました。

 

今ではMSとNMOは違う病気だという理解は充分広まっています。でも両者はきっちり分けられるわけではなくて、MSともいえないNMOともいえない病態が混ざっているようです。

 

たとえばMSの再発予防にステロイド薬は無効と言われているけれど、MSと診断されている人の中にはステロイド薬で安定する人もいる。などといった話です。

 

むずかしーー。

 

あと、こないだ発売されたテクフィデラ(フマル酸ジメチル)は海外では急速に売上を伸ばしているようです。大橋先生はセミナーで現物を見せてくれました。

 

治験薬の1/3くらいの大きさのカプセルでした。最初からこのサイズで治験してほしかったと思いました。

 

副作用はホットフラッシュと胃腸障害。これは初期のうちに治まることが多いそうです。でもリンパ球の減少が続くようならPMLの懸念が出て来るから継続は難しいそうです。2週間の処方制限が解除されたら、日本でも売れるんだろうなーと想像します。

 

今日は13人のご参加をいただきました。みなさま、先生、ありがとうございました!

 

大橋先生といえば、MSの名医として紹介されています。インタビュー記事が掲載されました。→「クリンタル」へ

 


 

IMG_2814

これ飲んでみようかと☆

 

数年前に海外から「ビオチンがMSにいいかも」って報告があって、でも量が足りない。これ1カプセル5mgだけど、報告は1日300mg。60カプセルも飲めないぞ。

 

でもサプリとして飲んでみるのだ。お肌と髪の毛に良いんだそうですー♪

2017.3.15

認定特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.