初稿終了☆|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
中田郷子のブログ
近藤誉之のブログ
マダミーのブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin instagram
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > 中田郷子のブログ > 初稿終了☆

中田郷子のブログ

初稿終了☆

今日も110号。

 

去年9月にアメリカで開催されたMSの歩行障害のシンポジウムについてです。米国MS協会の報告。

 

歩行障害のためには、やはり筋力をつけること。でも疲れやすい病気だから、筋力をつけるための運動といってもなかなかできないよね。

 

そして個人差が大きい病気だから、全ての人に共通するMSの運動プログラムというのは、ないんだと思う。

 

ただ、おへそ体操は別物で、全ての人に共通すると思う。(自信満々)

 

立った状態でも、座った状態でも、そして仰向けになった状態でも※、そしてたぶん麻痺した状態でイメージだけでも、

 

おへそを引っ込めて10秒止め、その後ラクにして、また引っ込める。繰り返す。

 

これだけ。試してみて。

 

この原稿で110号の初稿終了〜

 

明日全体を見直して、先生方に監修をお願いします!

 

※「仰向けになった状態でも」
→やってみた。できなかった。不思議〜
→おへそに力を入れることならできた。

 


 

 

今日のチチ。吐き気止めの注射で、食べられるようになった ^^

 

 

IMG_0913

 

 

消化管型リンパ腫の疑い。保護猫で年齢不詳だけど、13〜15歳くらい。

 

 

確定診断のためには精密検査が必要なんだけど、診断が確定したところで完治しないし、チチにストレスと恐怖を与えるだけだから、しない。

 

 

残された時間、緩和ケアだけでゆっくり幸せに過ごすことにした。

 

 

今日は生鮭食べるぞ〜

2019.1.9

特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.