山場突入|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorder; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
MSの専門医が答えるQ and A
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
NMOSDの専門医が答えるQ and A
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
中田郷子のブログ
近藤誉之のブログ
マダミーのブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > 中田郷子のブログ > 山場突入

中田郷子のブログ

山場突入

MS完全ブック第5章「急性増悪期の治療」の監修第1弾終了。長かったですー。

 

そう、「急性期」ではなく「急性増悪期」としました。ほか「再発」「寛解」の表現も変えたため、ほかの章も見直さないとです。このホームページもですが、こちらは少し後回しです。すみません。

 

先日ツイッターでアンケート協力していただいたパルス後のプレドニンの記載は、このようにしました。協力してくれたお礼に公開☆

 

パルス療法の後、飲み薬のステロイド薬に切り替えて治療を続けることがあり、これを「後療法」といいます。後療法の目的としては、さらなる回復の期待、症状が再燃しないようにするなどが挙げられていますが、実ははっきりしたデータは少なく、その量と日数に一致した見解はありません。主治医の考えや再発の大きさ、体調によるといったところです。飲んだほうが楽だから、大量のステロイド療法の後で体に負担がかかりそうだから、という理由で少量を飲む人もいます。

 

そして山場の第6章「再発予防・進行抑制の治療」の初稿を再度読み直して監修開始。

 

また先ほど、MRIの造影剤についての新たな見解を掲載しました。→「ガドリニウム造影剤の使用上の注意改定」へ

 



花粉症に加えておとといは左胸周辺がビリビリ痛くなり、早めに就寝。

 

昨日は倦怠感も加わってめずらしく絶不調となり、痛みは本気で痛く肩らへんまで広がり、MSの症状なのか風邪なのかわからないけど、一応早めに就寝。

 

今日は痛みは消えつつあって、何だったんだろう。でも倦怠感がひどく残っててやはり風邪かも。

 

痛くて鎮痛剤飲んでしまってたから、熱が出たかどうかはわからんです。インフルエンザだったらごめんなさい。

 

前置き長いけど、今日は仕事も早めに終えることにします。すみません。

 

IMG_4826

こんなことされても怒らない

 

IMG_4848

やさしいタムキチ

 

おめめ完治♪

2018.3.8

認定特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.