ニュース|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica; NMO)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
ms nmo のこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
すぐわかるNMO
NMOのあらまし
妊婦とMS
治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
専門医Q&A
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
各種募集
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
中田郷子のブログ
近藤誉之のブログ
マダミーのブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
http://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

トップページ > お知らせ~ニュース

ニュース

発行物とご寄附をクレジットカードでお支払いいただく際、VISAとMASTERに加えてJCB、AMEX、DINERSも使えるようになりました。

 

引き続きご協力のほど、お願いいたします!

2017.6.13

6月24日(土)の札幌フォーラムのお申し込み受付が始まりました。

 

深澤先生と藤原先生の最強仲良しコンビに、中田も混ぜていただきました。

 

詳細はこちらをご覧ください。
→「第4回・北海道MS/NMO医療フォーラム(札幌市)」へ

 

みなさまにお会いできるのを楽しみにしています。

 

さっぽろラーメンも楽しみにしています!

2017.6.5

理事長の中田郷子が世界MS協会の「ジェームズ・ウォルフェンソン賞」を受賞しました。

 

詳しくはブログをご覧ください。→「中田郷子のブログ」へ

2017.6.2

バナナチップス103号に活性型ビタミンD製剤とMSについて掲載しています。この製剤は誰でも処方してもらえますか? というご質問をいただいたので、補足説明として掲載しました。

 

→「バナナチップス103号のご感想・補足説明」へ

2017.5.25

新宿にある東京女子医大にて7月9日(日)、MS/NMO医療講演会を開催します。

 

ちょうど宮本先生がこちらに来られるのでラッキー☆ ご協力いただくことにしました。

 

先着各70人(MS70人、NMO70人)です。お申し込みはお早めにお願いいたします !!
→「MS/NMO医療講演会(新宿区)」へ

2017.5.19

(5月8日)

ニュースでも何でもないのですが、記載できる場所がここしかないので、すみません。

 

数週間前からHotmailへのメールが全く送れなくなっています。受信はできるのですが送信は全てエラーで戻ります。

 

戻ってくれば良いほうで、行方不明になってしまうことも多いです。Hotmail同士なら良いだろうとアカウントを作ったのですが、送信できません。

 

GmailやYahoo!メールのアカウントからも送信できません。

 

この現象はだいぶ前から起きていて、時に送信できることもありましたが、最近では全く送れなくなりました。

 

郵送のお手紙でお返事しているので、どうしてもお返事が遅れてしまいます。どうかお許しください。

 


 

(5月12日)

サイト運営でお世話になっている株式会社プラストさんが詳細を調べてくださっていて、現在Hotmail側からブロックされている状態のようです。

 

解除の申請を出してくださったとのことで、送信できるかどうか週明けに検証してみます。

 


 

(5月19日)

送信できました。解決しました!

2017.5.19

大阪市にて6月25日(日)、MS/NMO医療講演会を開催します。なんば駅直結の難波御堂筋ホールです。

 

専門医12人。

 

病気の概要から治療、診断、そして日常生活に至るまで幅広くお届けいたします。

 

中でも「ステロイド薬と免疫抑制剤のリスク管理」「MS/NMOとビタミンD」のあたりは私たちの講演会ではめずらしい演題です。

 

先着100人です。お申し込みはお早めにお願いいたします !!
→「MS/NMO医療講演会(大阪市)」へ

2017.5.6

「このホームページのご利用にあたって」を更新しました。

 

編集委員のところと、引用・転載のところの記載を少し変えています。一部分だけ引用されると、意味が伝わらないか変わってしまうこともあるため、ご面倒でもどうかお願いいたします。

 

ご一読のほど、よろしくお願いいたします! →「利用注意事項」へ

2017.4.17

本日付けでMSキャビン理事に新しい仲間が加わりました☆

 

みなさまご存知の中島一郎先生です。

 

一段と強力なメンバーになりました。団体概要のページも更新したのでご覧ください。→「団体概要」へ

 

これからもMSとNMOの信頼ある情報をお届けして参りますので、どうぞよろしくお願いいたします!

 

中島先生からのご挨拶をご紹介いたします。

 


 

平成29年4月1日付けで、東北医科薬科大学医学部老年神経内科学の教授を拝命いたしました。勤務先は東北医科薬科大学病院神経内科で、仙台市宮城野区福室にあります。

 

JR仙石線の陸前高砂駅が最寄りの駅で、仙台うみの杜水族館が近くにあります。以前この場所には500床程度の東北厚生年金病院があり、20年以上前に私もここで半年間研修しました。

 

4年前に東北薬科大学が病院を買収して、単科の薬科大学としては本邦初の大学付属病院となり、平成28年4月に東北医科薬科大学医学部の設置により東北医科薬科大学病院と名称が変更になりました。

 

当院は、東北厚生年金病院の時代から高次脳機能障害のリハビリを含むリハビリ診療が充実しており、今も優秀なリハビリスタッフが揃っています。当科ではこれまでに多発性硬化症の患者さんの高次脳機能障害評価をまとめて論文報告をするなど、病院の特色を活かした研究を進めてきました。

 

神経内科のスタッフは7名で、そのうち多発性硬化症の専門医は私を含めて3名、高次脳機能障害の専門医が1名含まれています。今後も多発性硬化症や視神経脊髄炎の病態解明や治療法の開発に向けて、東北大学神経内科と連携しながら臨床研究に励んでいく所存です。

 

縁があってこの度MSキャビンの理事の末席に加えていただきました。少しでもみなさんのお役に立てるような活動が出来ればと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

東北医科薬科大学病院神経内科
中島一郎

2017.4.1

多発性硬化症と視神経脊髄炎の情報誌「バナナチップス」102号を発行しました。内容は下記のとおりです。

 

  • 患者向け:「その予防薬は適切?」「NMOと自己抗体」
  • 医師向け:「レッドフラッグありのMS治療」「抗AQP4抗体が陰性」
  • 日常生活:「病院で受けるリハビリ」「難病経過措置切れ」

病態の話もあってちょっと難しめかもしれませんが…。5人の編集委員の先生と議論を重ねて仕上げました。

 

お読みいただけると嬉しいです。

 

→「発行物のご案内」へ

2017.1.31

1/61234...6
月別アーカイブ
認定特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.