2013 7月|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorder; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
MSの専門医が答えるQ and A
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
NMOSDの専門医が答えるQ and A
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
中田郷子のブログ
近藤誉之のブログ
マダミーのブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > Madamyのブログ >  2013年7月の投稿一覧

Madamyのブログ

2013年7月の投稿一覧

74回目の小平セミナーを開催してきました。7人(5世帯)のご参加をいただきました。国立精神・神経医療研究センター研究所で、山村 隆 先生にたくさんのことを習いました。

 

都内の方は1人もいらっしゃらず、遠方の方が多かったです。NMOとMSの患者さんがちょうど半数ずつでした。

 

ステロイドの減量についての考え方。新薬に移行するにはいつか。診断されたばかりの時期に予防治療をはじめるかどうか。治療薬を継続すべきかどうか。スポーツとの兼ね合いはどうか。妊娠と治療薬の考え方。治験について。など、参加者の疑問や知りたいことを中心に学びました。

 

先生は、治療はガイドラインにしばられず、柔軟に考えることが大事だと話されました。常識にとらわれないことも時に必要だとわかりました。お医者さんとしても、治療する難しさがあると思いました。

 

10年先は安全で服用しやすい薬が出るだろうということでした。

 

先生、参加されたみなさま、暑いところ、ありがとうございました。研究所の方から冷たい麦茶をいただきました。ご馳走さまでした。

 

今日の電話は1件で、5分くらいでした。


※医学的な解説部分は未監修です。

 

130709

2013.7.9

認定特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.