2016 5月|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorder; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
MSの専門医が答えるQ and A
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
NMOSDの専門医が答えるQ and A
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
中田郷子のブログ
近藤誉之のブログ
マダミーのブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > Madamyのブログ >  2016年5月の投稿一覧

Madamyのブログ

2016年5月の投稿一覧

中外製薬さんはNMO患者さん向けに薬の開発を考えていらっしゃいます。社員向けに「NMOの患者さんのお話を聞く」という勉強会を開催してくれました。

 

キャビン代表が司会を担当しました。ディスカッションやQ&Aがありました。患者さんもテキパキお話され、有意義だったと話してくれました。最後は会社の方から謝辞までいただきました。

 

このような機会を作っていただき私どもも感謝です。ありがとうございました。

 



友人家族と常陸大宮の友人の茂子さん宅を訪問しました。茂子さん家族は畑と村起こしをしています。

 

1

一緒した友人はイタグレさん3頭と、腸の病気を抱えているトイプードルさんも一緒です。

 

2

琵琶湖毎日マラソンやアイアンマンを制覇する友人は、イタグレさん達のお洋服も作ります。

 

レースで走る姿とミシンがけの姿がまだ一致しません。型紙を起こし、日暮里で生地を買っては何枚も作るそうです。今度は自宅を訪問するであります。

 

3

誰もいない坂のある展望広場では、思い切りのドッグランです。いつまでも眺めていたです♪

 

4

茂子さんの山で探検と山菜採りです。

 

5

藪の中はイタグレさんも人もドキドキワクワク。

 

6

 

7

ランチはこれであります♪

 

8

 

9

収穫が楽しみなブルーベリーとブドウ。

 

10

麦ももう少しで収穫です。

 

11

帰り道はぐっすりでした。

 

2016.5.29

東京八重洲で15日日曜日、ホームページ会議がありました。

 

 a

先生たち、遠路集まりました。3時に差し入れに行きました。

 

b

暑くなってきたのでロングコートのワンちゃん達はサマーカットしたであります。ヒデは来年13歳になるので、体力的に無理かな??

 

c

母の日に娘からカーネーションをもらったです。真っ赤なお花は元気までもらえました。

 

d

三社祭りの前日にお参りしました。翌日は宮出しで大賑わいであります。

2016.5.21

今月末に開催予定の、企業の社内向け勉強会の打ち合わせをしました。NMOの薬を開発してくださっています。勉強会は当事者の患者さんも交えた内容になります。

 

キャビン代表は司会進行をつとめさせていただきます。

 



過日「日本橋ウォークと老舗巡り」というツアーに参加しました。出発は日本橋三越前。

 

1

徳川吉宗公の自筆であります。

 

2

日本国の道路源票は道路横にある標識説明の地点でない!

 

3

橋のど真ん中、丁度大きなポールの真下にあるマンホールでした。・・・

 

物知りになった気分であります。

 

4

大石内蔵助が討ち入り直前まで潜んでいたお店は今も健在です。

 

近くの石町の鐘の音を聞いたはずです、と講師の先生のお話でした。私達の他にもツアー客が何組もいたであります。

 

5

 

6

魚市場発祥の地、千石船や呉服橋の由来などを習いました。

 

7

芭蕉さんも若い頃、8年間日本橋に住まったであります。

 

8

ウィリアムアダムス(三浦按針)さんの屋敷跡です。

 

榮太郎飴屋さんが安政年間の創業とは知りませんでした。懐かしいピーセンを買いました。神茂のハンペン屋さんが元禄(1688年)。

 

佃煮の鮒佐が江戸末期の文久年間。濃い味付けの弁松(1810年)のお弁当の由来。。。気が遠くなるような長いお商売です。

 

商人と職人の町の江戸でありました。

2016.5.10

認定特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.