2016 10月|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica; NMO)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
ms nmo のこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
NMOのあらまし
小児MS
妊婦とMS
治療薬
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
ナタリズマブ(タイサブリ)
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
各種募集
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
中田郷子のブログ
近藤誉之のブログ
マダミーのブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
http://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

トップページ > 中田郷子のブログ > 2016年10月の投稿一覧

中田郷子のブログ

2016年10月の投稿一覧

メール返信と発送作業の後はお休みをいただいて、引っ越し最終作業です。跡をにごさないよう、あちこちお掃除しながら箱詰めしました。

 

ここに来てからいろんなことあったなーと、そのいろんなことを思い出しました。

 

引っ越し先にNTTが来るのは月曜日。それまでネットが使えるかどうかわからないので、メールのお返事は遅れてしまうかも。お許しください。

 



IMG_2510

箱詰めだいたい終わったんだけど、六本木フォーラム程度の量であっけない。まあすでに多くを運んだからなのですが。

 

IMG_2397

なんか様子がおかしいね。

 

IMG_2398

明日うまく捕まえられるかなあ…。

2016.10.29

今週は移転の準備をしながら、バナナチップス101号を発送しました。請求書と宛名ラベルを印刷して封入して、昨日、発送しました。

 

発送したのは夕方だのに、もう届いている方がいるようです。速達並みのゆうメール。

 

表紙にも書きましたが、今回から経費をケチっています。紙も透けないレベルで一番安いのです。内容重視ということでよろしくお願いします!

 

内容については、医師向けではありますが、ピロリ菌とMSの話題を提供しています。論文見てへーーと思ったんですが、原稿ではなぜか反対の表現をしてしまい、校正の最終段階でそれを発見してガクガクしました。すぐに直しました。

 

これそのまま印刷に出してたら間違いなく、正誤表同封レベルのミス。

 

だめだなー。こういうとこすごく抜けてるんです。Madamyの写真なんて掲載してないのに「写真:Madamy」と書いたままだし。ここは暗黙で許してもらおう。

 

さて、明日は1日、引っ越しの準備です。さようなら根岸。さようなら鶯谷。

 

来週からは荒川区です。荒川区荒川。2回も荒川と書く必要があってくどい感じです。荒川区に荒川は流れていないというのに。

 

私の名字が荒川さんではないことが救いです。

 

発見したんだけど、荒川荒川荒川荒川荒川、って早口で言い続けるの、けっこう難しいよ。言い続ける必要もないけど。

 

それとそうそう、12/18に川越で講演会します。ぜひお越しください♪
「12/18(日)川越医療講演会」

 

あと、バナチ101号の目次を掲載しました。
「バナナチップス101号発行」

 



IMG_2319

じゃがいもをピーラーでむいてたらいきなり視線を感じた。

 

これ、誰?

2016.10.28

10:50上野発のはやぶさ15号で仙台に向かいました。講演会に呼んでいただいています。

 

ここのところ移転の準備で特に慌ただしく、スライドの内容は道中、頭に入れました。予行練習の時間が取れなかったことに一抹の不安を残しつつ、時間配分はぶつけ本番としました。

 

161023a

12:16に仙台着。1時間30分で着いちゃうなんて早い☆

 

そのまま会場に向かいました。去年と同じく駅そばにあるTKPガーデンシティ仙台。アエルというビルの30Fにあります。

 

161023b

仙台MSセミナー主催の第8回医療講演会。バイエル薬品株式会社共催で、宮城県後援です。

 

中島一郎先生(東北大学)の司会で、まずは藤原一男先生(福島県立医科大学)の開会挨拶です。ざっと見たところ、100人くらいのご参加がありました。

 

最初のご講演は、西山修平先生(東北大学)による「MSの最近の話題と新しい治療法」です。

 

MSは中枢神経のニキビだというたとえがわかりやすかったです。ニキビができやすい体質もあればストレスでできることもある。すぐに治るものもあれば腫れるものもあるというお話です。

 

治療については承認されている5種類の薬剤が順番に説明。こういう人にこの薬を使っているという実際が匿名で紹介されました。

 

日本で最も最近に承認されたのはコパキソン®ですが、このお薬は意外にも注射部位反応が多いようです。その対策として「冷やす」「抗ヒスタミン軟膏/内服」「ステロイド軟膏」が紹介されました。注射部位反応をゼロにするのは難しいかもしれないけれど、試す価値はあるのかなと思いました。

 

次は高井良樹先生(東北大学)による「NMOの新たな病態と治療法 〜AQP4とMOG〜」です。

 

ここでは上手く書けないけれど、NMOの病態の説明がとっっっってもわかりやすかったです!! えみすけのイラストも使っていただけて感激しました。

 

NMOはMSのように進行することはまずなく、再発をどれだけ抑えられるかが重要とのお話でした。再発予防としてステロイド薬と免疫抑制剤のほか、治験中のお薬としてリツキサン、MEDI-551、エクリズマブ、SA237が紹介されました。

 

最後に東北大学で研究が進んでいるMOG抗体についてお話がありました。MOG抗体陽性の人の特徴が述べられましたがまだわかっていないことが多く、治療は確立していないとのことです。

 

そして私から「私たちにできる5つのこと」をお話しました。(時間オーバーしないで大丈夫でした…!)

 

最後はグループに分かれて医療相談・情報交換会です。各グループには必ずお医者さんが入りました。私はMSのグループで、佐藤 滋先生(総合南東北病院)と一緒でした。お久しぶりです!

 

このような会に呼んでいただき、ありがとうございました。

 

161023c

帰りは19:30仙台発のはやぶさ32号です。


上野まであっという間だぞーと期待していたのですが、瞬間停電とやらで福島駅で20分、止まったままでした。(>.<)

 

結果、30分遅れで上野に到着。3時間遅れとかでなくてよかったです。

 

それにしても「瞬間停電」って何だろう?

2016.10.22

今週はバナナチップス101号を仕上げました。編集委員の先生方はすぐに見てくださって、昨日の夕方、無事に入稿できました。発送は28日を予定しています。

 

その101号にも書いたのですが、来月1日に引っ越します。愛する荒川区に戻ります☆

 

私は、生まれは渋谷なのですが、父の転勤で石川県と神奈川県に少し住み、一番長いのは荒川区の南千住。

 

ここ根岸に来たのは5年前ですが、26年住んだ荒川区にはかなわない。しっくりこないというか。なつかしい所に戻れるので嬉しいです。

 

と、嬉しさに浸ってる暇もなく、今週は移転の準備も進めました。法務局や東京都への主な手続きは移転後ですが、移転先で通信や印刷関連にトラブルがあるといけないので、早めに書類を揃えておこうと思います。

 

と言いつつ、必要書類のチェックだけで終わった1週間でしたが…。

 

意外にも郵便局の書類が面倒で、混乱して局内で転びそうになりました。

 



IMG_2356

にっこり梨が届きました♪ たくさんの切手とご寄附も♪♪ 栃木のママ、いつもありがとうございます!

 

IMG_2357

さっそく♪ ジューシーでおいしいです〜。

2016.10.15

今週は主にバナナチップス101号の原稿です。初稿期限がギリギリなので、今年最大の集中力です。

 

MS特集「MSになりやすい要因」、MS話題「日光暴露量」「ピロリ菌」、NMO特集「痛み」、NMO話題「再発時の治療」、日常生活「食事」、活動報告「就労セミナー」の初稿を全部終えました。

 

やればできる。

 

でもこうしてじゃんじゃか書けるのも、先生方がきっちり見てくださると安心してるから。ほんと感謝です!

 

昨日は就労セミナーでお世話になっているD&Iの東郷さんとお会いしました。今後のセミナーのこと相談しました。

 

D&Iでは今月から、就労支援「ワークイズ」をオープンしています。JR蒲田駅から1分のところで原則2年間、就労に必要なトレーニングをおこないます。就職活動のサポートも受けられるとのこと。外部の実習もあります。障害者手帳なしでOKです。
→「D&I ワークイズ」へ

 



IMG_2301

こないだ押上に行ったら、スカイツリーの色が半分になってた。

 

何の日だったんだろう?

2016.10.7

8:46上野発のこまち7号で秋田に向かいました。毎年恒例の「秋田県多発性硬化症フォーラム」に参加させていただきました。

 

161001a

岩手県雫石のあたり。稲穂がとても美しく、秋を満喫☆

 

161001b

秋田県大仙市のあたり。盛岡で切り離された秋田新幹線は普通の在来線みたくなって景色が近くなります。

 

161001c

12:30に秋田到着〜♪ そのまま会場「にぎわい交流館」向かいました。

 

フォーラムは13:30から。バイエル薬品株式会社主催、秋田県多発性硬化症研究会とキャビン後援です。

 

秋田大学の菅原先生の司会で、最初は菅原先生によるご講演「多発性硬化症の治療薬、治療抵抗性NMOSDの治療薬」です。

 

主催者ではないのでご講演の報告はしませんが、印象に残ったことはMSの予防治療薬の選び方です。

 

第1選択薬と呼ばれる薬(インターフェロン2種、グラチラマー)を使って効果が得られない場合は、ほかの第1選択薬への変更でも効果が期待できるようです。フィンゴリモドとナタリズマブは第2選択薬に位置づけられているけれど、病状が活発な時は最初から使うこともあるそうです。

 

要は、その人の病状に合わせて薬を選ぶことが肝心。

 

またナタリズマブで注意が必要な副作用「PML」ですが、最近フィンゴリモドでも報告されています。フィンゴリモドを使っている人にとっては、ご自身の抗JCウイルス抗体がどうなってるのかを知りたいはず。もし私が使っていたとしたら、絶対に知りたいです。

 

でも現在、フィンゴリモド使用中の人の抗JCウイルス抗体の測定はおこなわれていないとのこと。薬を提供する会社は何とかすべきと思います。心配にならないのかな。

 

その後は私から「私たちにできること」というタイトルで40分、お話させていただきました。

 

いつものように「おへそ体操」を実施したところ、途中で質問が入りました。「(肉で)おへそが見えない」とのこと。。。

 

このご質問がツボに入り、しばし笑いで話を進められなかった私です。ウケたぞー。

 

後半は1時間ほど情報交換の時間がありました。地元の方々とたっぷりお話できました♪

 

161001d

先生方もキャビT着てくださいました。感激。ありがとうございます!

 

20人強のご参加があったかと思います。このような機会をありがとうございました。

 

161001e

17:10秋田発のこまち32号で帰りました。またね〜〜。

2016.10.1

認定特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.