名古屋講演会|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
中田郷子のブログ
近藤誉之のブログ
マダミーのブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin instagram
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > Madamyのブログ > 名古屋講演会

Madamyのブログ

名古屋講演会

MS/NMOSD医療講演会を開催しました。偕行会城西病院の後援です。

 

m171001a

 

m171001b

会場は城西病院2階会議室でした。前半NMOSD、後半MSに分けての開催でした。

 

m171001c

開会挨拶はキャビン代表でした。

 

m171001d

現在のキャビンは貧乏なので講師の先生方の講演料はタダです、先生方の交通費も出せないので手弁当でご参加いただきましたと話しました。

 

m171001e

前半の司会は錫村明生先生(偕行会城西病院)です。

 

m171001f

「視神経脊髄炎の概要と治療」の演題で朝倉邦彦先生(加木屋脳神経内科クリニック)でした。

 

m171001g

「ステロイド薬と免疫抑制剤のお話」の演題で田中正美先生(京都民医連中央病院、偕行会城西病院)でした。

 

m171001h

スライドの印刷もお持ちくださいました。

 

m171001i

後半の司会は朝倉邦彦先生です。

 

m171001j

「多発制硬化症の概要と治療」の演題で錫村明生先生でした。

 

m171001k

「MSの治療薬のリスク管理」の演題で田中正美先生でした。質疑応答の時間もありました。

 

m171001l

「日常生活の過ごし方」の演題でキャビン代表中田郷子が話をしました。

 

m171001m

個別相談では3人の先生と中田郷子にも列ができました。

 

m171001n

私たちは名古屋駅から近鉄に乗り換えて「黄金」駅から行きました。車でお出での方、遠路からお出での方もいらっしゃいました。

 

ご参加ありがとうございました。

 

ご寄付も沢山いただきました。バナナチップス購読のお申し込みもありました。ありがとうございました。

 

講師の先生方ありがとうございました。

 

m171001o

お手伝いの看護師さんでした。ありがとうございます。

 

m171001p

院内での案内表示も用意してくださりました。

 

m171001q

病院に入ると、どこからともなくピアノの生演奏が聴こえてきました。

 

演奏していらっしゃるのは循環器の磯部 智先生でした。先生は講演会も聴講してくださり、終了近くなるとお見送りの演奏もしてくださいました。

 

m171001r

ホテルのロビーのようでした。

2017.10.1

特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.