カテゴリー いつもの仕事|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica; NMO)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
ms nmo のこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
NMOのあらまし
小児MS
妊婦とMS
治療薬
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
ナタリズマブ(タイサブリ)
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
各種募集
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
中田郷子のブログ
近藤誉之のブログ
マダミーのブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
http://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

トップページ > Madamyのブログ > いつもの仕事

Madamyのブログ

いつもの仕事一覧

6日(月)発売の「週刊エコノミスト」に代表が取り上げられました。

 

m170208a

44ページに都電を背景に顔までも。

 

m170208b

して、目次の蘭ではアメリカの大統領さんと一緒であります。

2017.2.8

バナナチップスの発送が終わりました。難しいのでは?と発送スタッフ間で話し合いました。

 

しかし、かたよりの無い信頼性の高いものに仕上げることが大事ではないか。ということになりました。読みこなしていただけることを願います。

 

治療方法が増えたのは良いことですが、時に難しいこともあります。キャビンでは5人の専門家(4月から6人)の協議でバナナチップスに載せています。102号もかなりの難産だったようです。

 

またNMOの患者さん向けのアンケートの発送もありました。ご協力よろしくお願いいたします。

 


 

「東京マラソンのコースを歩こう」第2回を歩きました。前回の続きで日本橋の橋の真ん中、道路元標のある辺りからスタートであります。

 

m170202a

年度末は道路工事が多いのであります。

 

m170202b

江戸通りを浅草へ向かいます。

 

m170202c

沢山の米蔵が在った蔵前を通ります。

 

m170202d

隅田川を渡るとここから今年からの新コースになるようです。

 

川からの風が心地よく、見晴らす景色も楽しめました。16〜17キロ地点なので、選手はまだそれほどの疲れもなく気持ちよく景色を堪能するのかなぁ〜。いいなぁ〜。

 

今回は門前仲町で終わりであります。次回はここから出発し、Uターンしてまた隅田川を渡り銀座までであります。

 

m170202e

ちょっこっとずつ寄り道であります。梅が咲いている松平定信公の墓辺り。

 

m170202f

滝沢馬琴誕生地

 

m170202g

馬琴といえば里見八犬伝。その本を現した石造りの里見八犬伝本であります。

 

m170202h

小林一茶居住地

 

m170202i

前のブログ、水天宮の「鞠を手にする狛犬」の写真掲載忘れたのであります。

 

2017.2.2

バナナチップス102号の発送作業に入りました。

 

m170130a

 

m170130b

表紙えみすけのイラストは「まなかたさとる君」です。近々お手元に届くと思います。

 



NHKのブラタモリでは香川県の「こんぴらさん」を放映していたであります。若い頃に、上まで登ったであります。詳しく訳がわからないままでありました。

 

m170130c

して、天気の良い日に東京の「こんぴらさん」をお参りしてきたであります。

 

m170130d

せっかくなので新しくなった水天宮様も。

 

m170130e

母と子の狛犬がかわいいのであります。鞠を手にする狛犬。

 

m170130f

近くにの宝くじの神様椙森神社へもお参りして、今年の年末ジャンボに当たりますように。

 

。。。年が明けたばかりだというのに。。。もう年末であります。

2017.1.30

中外製薬さんと面談しました。NMOの薬を開発しています。数年前から話し合いを続けています。

 

今年も何回かの話し合いをしたいと思います。キャビンのことを理解してくださった上での話し合いになるので助かります。

 

企業さんによってはまずは結論を持っていらして、それに合うような進め方をされるので戸惑うことがあります。ふたを開ければまったく違う展開がなされたりで、何のための話し合いだったのかと考えることがあります。

 



秀吉君(ヒデ)は1月6日に13歳になりました。

 

m170112a

豊臣秀吉が好きだから付けた名前ではありません。子犬の時、教科書に出てくる豊臣秀吉の肖像画に似ていたからであります。

 

今は歯も抜けてベロっちが出てくるであります。フードはもちろんエイジング用であります。でも毛並みはまだツヤツヤであります。

 

m170112b

新年のお参りに伊勢神宮へ行ってきたであります。JRのツアーで日帰りであります。このごろ「古事記」が面白くて、神社参りが楽しいのであります。

 

m170112c

伊勢のお家には立派なしめ飾りであります。

 

m170112d

外宮、内宮をお参りすると、陽も落ちてくるであります。

 

m170112e

 

m170112f

自由時間では猿田彦神社と佐瑠目神社へ駆け足で行ってきたであります。

 

m170112g

黒豆の粟ぜんざいをいただいたであります。プチプチ感と合わせて、好きなのであります。

2017.1.12

今年もお世話になりました。

 

企業さんからのご寄附の辞退を決めてから、個人の方達からのご寄附は変わりありません。読者の方、ご家族の方、友人、そしてまったく病気に関わりのない方達から沢山のご寄附を頂きました。

 

心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 

来年も1月から地方講演会から始まります。よろしくお願い申し上げます。

 

皆様良いお年をお迎えください。

 



今年の気になる郵便ポストであります。

 

m161229a

曽我の梅林のであります。曽我の五郎十郎を考えるであります。

 

m161229b

宇治平等院のお茶壷ポストであります。仏師・定朝さんの阿弥陀如来像に感動したであります。

 

m161229c

浅草オレンジ通りであります。

2016.12.29

宮本隆治アナウンサーにお会いしました。六本木フォーラムでは毎年お世話になりました。中止のお知らせの連絡はすで済んでいましたが、直接お礼の言葉を伝えたいと思いました。

 

NHK退職後はフリーで活躍なのでお時間調整が難しくなってしまいました。そんな中、暮れの忙しい時期にゆっくりお時間とっていただきました。

 

気さくで気配りの方なので「あらッ?・・ミヤモトさん?・・」なんて視線にきちんと応えておられました。

 

キャビンのことを深く考えてくださり、アドバイスもいただきました。いろいろな型での応援も快く引き受けてくださいました。

 

宮本隆治さん、ありがとうございました。

 



m161215a

浅草で見つけた「紅生姜天の柿の種揚」。三ノ輪の商店街には「紅生姜の天ぷら」があるんですが。。

 

m161215b

二匹ともキョイキョイが大好きであります。ちょこんと膝の上を共有であります。

2016.12.15

23日勤労感謝の日。この日、キャビンではナタリズマブ(タイサブリ®)使用中ののPML発症について情報を出しました。

 

PMLの発症には、日本人には多いといわれているJCウイルスが関係しています。JCウイルス抗体を持っているかどうかの事前の検査は当たり前のことですが、免疫抑制剤の使用経験との関係もあります。

 

タイサブリ®は効果も期待できますが、副作用なども知って使うことだと思います。知ることが大切で、そして適切な対策がとられるような体制が必要だと思います。

 

信頼できる情報を知ってほしいと思います。

 

「ナタリズマブ投与中にPML発症(国内1例目)」

 



23日は二の酉の市であります。

 

鷲(おおとり)神社境内では零時に大きな太鼓が鳴り響き、開催宣言であります。夜中なのに沢山の人がお参りするのであります。

 

IMG_8400

零時の鷲(おおとり)神社付近であります。

 

今年は祭日と重なり大変な人出でありました。お参りするまで1時間は並んだのではないでしょうか?

2016.11.23

長らくお付き合いのあった丸の内のバイエル薬品会社さんをお訪ねしました。会社の今後の方針を教えていただきました。

 

MSの再発予防薬としてベタフェロンが初めて国内に導入された時期を思い出しました。キャビンを信頼していただき、支援もしてもらいました。そんなことを懐かしく思いました。

 

昼時の丸の内地下は、ランチを求める方達でいっぱいでした。私達はそこをはずし、日暮里に向かいました。

 



m161122a

実家の法事が京都でありました。嵐山の紅葉は、少し早かったようであります。

 

m161122b

「紅葉祭り」でありました。色とりどりの古の船が出番を待って並んでいたであります。

 

m161122c

角倉了以さんのお屋敷があったところだそうで、美しい紅葉でありました。

 

m161122d

我が家のワンちゃん達は久しぶりのキョイをめちゃくちゃに歓迎いたします。お尻をくっつけたり、顔中舐めたりであります。

 

m161122e

熱烈な歓迎ぶりであります。

 

 

2016.11.22

「神奈川免疫性脳・神経疾患研究会」を聴講させていただきました。神奈川免疫性脳・神経疾患研究会とバイエル薬品株式会社さんの共催でした。

 

聴いたことのある内容だったり、まったくチンプンカンプンだったり、横文字ずらりだったりと難しかったです。

 

越智博文先生はとても人気で質問攻めにあっていました。ずばり具体的な回答でしたので、会場は納得されていたようでした。キャビンの役員でもある先生なので誇らしかったです。先生達の熱気が伝わりました。

 

17回も続いたバイエル薬品社さんの講演会は、今回で終了とのこと。越智先生は治験の時から携わったことで、バイエル薬品社さんには大変お世話になったと感謝のお言葉がありました。

 

17年のベタフェロン上陸の歴史を感じ、感謝いたしました。聴講させていただきありがとうございました。

 



浅井三姉妹のお江様のゆかりの土地を訪ねました。諸田玲子さんの小説「美女いくさ」で、戦国時代のお姫様達の戦う姿を実感したのであります。

 

m161118a

まずは現存する聖徳太子が建てた四天王が気なったであります。現存は三重県の津と大阪だというので、まず津へ行きました。

 

m161118b

耐震工事中で拝観はできませんでした。

 

m161118c

事前に連絡とりましたので、快く中まで入れていただくことができました。奥の間に移動されていた定朝作の仏様、他を至近距離で拝むことができました。

 

m161118d

もったいなくて仕方ありませんでした。津城跡なども歩く予定でしたが、仏様をわが物にしたようで動けませんでした。

 

m161118e

境内には芭蕉塚もありました。境内にある織田信長・お市様の母・土田御前のお墓もお参りできました。

 

m161118f

ランチは津名物のでか餃子でした。

 

m161118g

大阪四天王寺も工事中でした。

 

m161118h

旧くて大きな石の鳥居であります。

 

m161118i

2016.11.18

六本木フォーラムで司会をしていただいたNHKアナウンサーの武田真一さんを訪問しました。

 

お互いにキャビンとは長いお付き合いだったことを改めて懐かしみました。治療薬の名前など親近感がわきます、と話していました。

 

当初は音声のバナナチップスも担当してくれました。自宅で、奥様や幼いお子様達も動員して音声版を作ってくれていました。

 

まだお口が回らないお子さんが、タイトルを読んでくれたこともありました。「バナチップス○○号!!」って大きな声を聴くだけで元気が出るという声もありました。

 

そのお子さん、もう21歳になったとのこと。

 

NHK放送センターを訪問しましたが、廊下があちこち擦れて剥がれていました。廊下に物が置かれて狭く、迷路のようで、歳月を計る目安のようでした。

 

武田真一さん、ご家族の皆様、沢山のご協力ありがとうございました。

 



m161115a

11月3日に明治神宮をお参りしました。鳥居の外までは、代々木のプール通いなどで何度もお参りしたであります。

 

m161115b

鳶の人達が集まっていたであります。

 

m161115c

奥の鳥居をくぐるのは久しぶりであります。海外の人、七五三のお参りなどの参拝者が大勢であります。

 

m161115d

境内ではいろいろなイベントがあったです。

 

m161115e

ひょっとことおたふくの面を付け「両面舞い」。

 

m161115f

お子様達の「江戸囃子」であります。遠くから鳶の人達の木遣りも聴こえたです。

 

m161115g

明治神宮宝物館も見学しました。

 

初代神武天皇から昭和天皇までの肖像画が圧巻でありました。神武天皇のお誕生日なので、肖像画の前でもお参りしました。

 

m161115h

宝物館の前庭では流鏑馬行事を終えた神馬が、飾りを外していたです。

 

m161115i

ねぎらいでしょうか、リンゴを貰っていたであります。

2016.11.15

1/81234...8
認定特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.