病気の起こり方|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorder; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
MSの専門医が答えるQ and A
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
NMOSDの専門医が答えるQ and A
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
中田郷子のブログ
近藤誉之のブログ
マダミーのブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > MSのあらまし > 病気の起こり方

MSのあらまし

- 病気の起こり方

はじめに | MSとは | 病気の起こり方 | どのような人に多いか | 症状 | 検査と診断 | 経過 | 治療 | 研究 | 日常生活でできること | 再発が疑われる時 | 代替・補完療法 | 社会資源 | 妊娠

神経線維を絶縁する「ミエリン」が壊されますms02

 

中枢神経系の神経線維は「ミエリン」というカバーで覆われていて、神経の信号がスムーズに伝わるように神経線維を絶縁する働きをしています。

 

MSは、このミエリンのあちこちが繰り返し壊されてしまうことによって起こります。ミエリンが壊されるとその部分の神経の信号が上手く伝わらなくなり、様々な神経症状が出てきます。

 

02ミエリンは日本語で「髄鞘(ずいしょう)」といいます。そこからミエリンが壊されることを「脱髄(だつずい)といいます。

 

多数の神経に脱髄が起こった斑状の部分を脱髄斑(だつずいはん)または病巣(びょうそう)といいます。MSでは、治療しないで放置すると病巣があちこちに繰り返しできるのが特徴です。

 

ミエリンを壊しているのは自分の免疫

 

MSでミエリンを壊しているのは自分の免疫だということがわかっています。免疫は本来、ウイルスや細菌などの外敵から身を守る働きをしています。しかしどういうわけかこの免疫が自分のミエリンを攻撃してしまうのがMSです。なぜ免疫がミエリンを攻撃するのかという根本的な原因は解明されていません。

 

免疫で重要な役割を担っているものにリンパ球があります。MSにおいてもこのリンパ球が中心になって病気を起こしてしまうと考えられています。

 

発症には遺伝的素因と環境要因などが複雑に関与

 

ms02aMSの原因はわかりませんが、発症にはいくつかの要因が複雑に関与していると考えられています。

 

まずは遺伝的素因です。MSは異常な遺伝子によって起こる病気ではありません。しかし血縁者にMSの人がいると少し発症率が上がるようです。

 

次に環境要因があります。MSを起こしやすいものとしてこれまで「思春期までに浴びる日光の量が少ないこと」「血液中ビタミンD濃度が低いこと」「ウイルス感染」「喫煙」などが挙げられています。

 

 



toriなぜ「多発性硬化症」なのか?04

 

病名「多発性硬化症」の「多発」は、病巣があちこちに繰り返しできることによります。また病巣は後に硬くなります。そこから「硬化症」という病名が付きました。手足や体が硬くなるわけではありません。

 


 

認定特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.