治療|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
MSの専門医が答えるQ and A
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
NMOSDの専門医が答えるQ and A
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
中田郷子のブログ
近藤誉之のブログ
マダミーのブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > MSのあらまし > 治療

MSのあらまし

- 治療

はじめに | MSとは | 病気の起こり方 | どのような人に多いか | 症状 | 検査と診断 | 経過 | 治療 | 研究 | 日常生活でできること | 再発が疑われる時 | 代替・補完療法 | 社会資源 | 妊娠 | 小児MS

治療は3つに分けて考えます

 

MSには根治療法はありません。治療は、再発した時の「急性増悪ぞうあく期の治療」、再発しないようにする「再発予防・進行抑制の治療」、そして残った症状をやわらげる「対症たいしょう療法」の3つに分けられます。

 

症状に個人差があるのと同じようにMSでは、治療の効果にも個人差があります。ここでは一般的な治療を紹介しますが、実際の治療については主治医とよくご相談ください。

 

急性増悪期はパルス療法

 

ms07a

急性増悪期のMSで最もよくおこなわれるのは「ステロイドパルス療法(パルス療法)」です。通常、メチルプレドニゾロンコハク酸エステルナトリウム(ソル・メドロール®)を1日に500〜1,000mg、3〜5日間点滴します。これを「1クール」といいます。クールとは「1つの治療期間」といった意味です。

 

MSでは通常、パルス療法を1クールおこないます。効果が不充分な時にはもう1クールおこなうこともあります。

 

パルス療法の後、飲み薬のステロイド薬に切り替えて治療を続けることがあり、これを「後療法こうりょうほう」といいます。後療法をおこなう場合は一般的に、プレドニゾロン(プレドニゾロン®、プレドニン®)が使われます。30〜60mg/日から始めて用量を徐々に減らし、長くても1ヶ月以内で終了します。

 

17ステロイド薬には副作用が多くありますが、MSの急性増悪期のパルス療法のように短期で使われる場合は一時的なものが多く、パルス療法が終われば治まります。

 

ステロイドパルス療法の効果が充分に得られない場合や、副作用のために大量のステロイド薬が使えない場合は、血漿浄化けっしょうじょうか療法(単純血漿交換療法、血漿吸着療法)がおこなわれることがあります。腎臓病の透析のような治療で、血液を体の外に取り出して機械にかけた後、体に戻します。

 

疾患修飾薬で再発予防

 

ms07b

MSの多くは、再発と寛解を繰り返した後に徐々に症状が進行していきます。そのため再発の回数を減らし、進行期に入らないようにすることが必要で、この目的で使われるのが再発予防・進行抑制の薬です。これらの薬を「疾患修飾薬しっかんしゅうしょくやくDMDでぃーえむでぃー)」といいます。

 

DMDは再発回数を減らし、MRIの病巣が増えないようにします。DMDを使うことで残される障害が減り、進行期に入るのを遅らせることが期待できます。

 

日本では2018年11月現在、6種類のDMD(インターフェロン・ベータ1a、インターフェロン・ベータ1b、グラチラマー酢酸塩さくさんえん、フマル酸ジメチル、フィンゴリモド塩酸塩えんさんえん、ナタリズマブ)が承認されています。

 

日本国内で承認されている疾患修飾薬

 

 

インターフェロン・ベータ1a(アボネックス®)

国内販売:2006年
使い方:筋肉注射
回 数:1週間に1回
副作用:注射部位反応、インフルエンザよう症状、肝機能障害、リンパ球減少・抑うつ など

インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン®)

国内販売:2000年
使い方:皮下注射
回 数:2日に1回
副作用:注射部位反応、インフルエンザよう症状、肝機能障害、リンパ球減少・抑うつ など

 

グラチラマー酢酸塩(コパキソン®)

国内販売:2015年
使い方:皮下注射 
回 数:毎日
副作用:注射部位反応、注射直後反応、過敏性反応 など

 

フマル酸ジメチル(テクフィデラ®)
国内販売:2017年
使い方:飲み薬
回 数:1日2回
副作用:潮紅ちょうこう、胃腸障害、リンパ球減少、感染症、PMLぴーえむえる進行性多巣性白質脳症しんこうせいたそうせいはくしつのうしょう)など

 

フィンゴリモド塩酸塩(イムセラ®、ジレニア®)

国内販売:2011年
使い方:飲み薬
回 数:1日1回
副作用:徐脈じょみゃく、心電図異常、黄斑浮腫おうはんふしゅ、肝機能障害、リンパ球減少、感染症、PMLぴーえむえる進行性多巣性白質脳症しんこうせいたそうせいはくしつのうしょう)など

 

ナタリズマブ(タイサブリ®)

 国内販売:2014年
使い方:点滴
回 数:4週に1回
副作用:注射時反応、肝機能障害、感染症、PMLぴーえむえる進行性多巣性白質脳症しんこうせいたそうせいはくしつのうしょう)、GCNじーしーえぬ小脳顆粒細胞障害しょうのうかりゅうさいぼうしょうがい)、ARNえーあーるえぬ急性網膜壊死きゅうせいもうまくえし)など

 

 

残った症状を緩和18

 

 

MSでは、急性増悪期治療を適切におこなっても、症状が充分に回復せずに残ってしまうことがあります。それがこの先良くなっていくのか、または良くならないのかはわかりません。

 

次の症状は薬で軽減できることがあります。我慢せず、薬の服用を主治医とご相談ください。

 

 

痛み、しびれ

抗てんかん薬:カルバマゼピン(テグレトール®)、プレガバリン(リリカ®)、トピラマート(トピナ®)、クロナゼパム(リボトリール®、ランドセン®) 、フェニトインナトリウム(アレビアチン®)など

 

抗うつ剤:アミトリプチリン塩酸塩(トリプタノール®)、イミプラミン塩酸塩(トフラニール®)、デュロキセチン塩酸塩(サインバルタ®)、パロキセチン塩酸塩水和物(パキシル®)、エスシタロプラムシュウ酸塩(レクサプロ®)など

 

その他:トラマドール塩酸塩/アセトアミノフェン(トラムセット配合錠®)、メキシレチン塩酸塩(メキシチール®)など

つっぱり

バクロフェン(リオレサール®、ギャバロン®)、チザニジン塩酸塩(テルネリン®)、ダントロレンナトリウム水和物(ダントリウム®)、A型ボツリヌス毒素(ボトックス®)など

 

疲 労

アマンタジン塩酸塩(シンメトレル®)、レボカルニチン(エルカルチン®)、補中益気湯ほちゅうえっきとう など

 

排尿障害

膀胱の筋肉が過敏に反応してしまう場合:ミラベグロン (ベタニス®)、イミダフェナシン (ウリトス®、ステーブラ®)、フェソテロジンフマル酸塩 (トビエース®)、オキシブチニン塩酸塩(ポラキス®)、フラボキサート塩酸塩(ブラダロン®)、プロピベリン塩酸塩(バップフォー®)、酒石酸トルテロジン(デトルシトール®)、プロパンテリン臭化物(プロ・バンサイン®)、コハク酸ソリフェナシン(ベシケア®)など

 

排尿時に尿道の筋肉が緩まない場合:ウラピジル(エブランチル®)、ナフトピジル (フリバス®)、タムスロシン塩酸塩(ハルナール®)など

 

筋肉の収縮が弱い場合:ベタネコール塩化物(ベサコリン®)、ジスチグミン臭化物(ウブレチド®)など

 

排便障害

便秘(便をやわらかくする):酸化マグネシウム(酸化マグネシウム®、マグミット®、マグラックス®)、クエン酸マグネシウム(マグコロール®)、ルビプロストン (アミティーザ®)、リナクロチド (リンゼス®) 、潤腸湯じゅんちょうとう大建中湯だいけんちゅうとう麻子仁丸ましにんがん など

 

便秘(腸を刺激する):センノシド(プルゼニド®)、センナ(センナ®、アローゼン®)、ピコスルファートナトリウム水和物(ラキソベロン錠®、ラキソベロン内容液®)、ビサコジル(テレミンソフト坐薬®)など

 

便失禁:下痢止めの塩酸ロペラミド(ロペミン®)、便の硬さを調整するポリカルボフィルカルシウム(ポリフル®)など。便が緩くて困る場合はビフィズス菌製剤(ラックビー®)や酪酸菌製剤(ミヤBM®)など

 

 

 

 

特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.