抗MOG抗体関連疾患|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorder; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
MSの専門医が答えるQ and A
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
NMOSDの専門医が答えるQ and A
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
中田郷子のブログ
近藤誉之のブログ
マダミーのブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > NMOSDのあらまし > 抗MOG抗体関連疾患

NMOSDのあらまし

- 抗MOG抗体関連疾患

はじめに | NMOSDとは | 病気の起こり方 | MSとは違う病気 | どのような人に多いか | 症状 | 検査と診断 | 抗MOG抗体関連疾患 | 経過 | 治療 | 研究 | 日常生活でできること | 再発が疑われる時 | 代替・補完療法 | 社会資源 | 妊娠

MOGはミエリンの構成成分のひとつ

 

中枢神経系の神経線維は「ミエリン」というカバーで覆われていて、神経の信号がスムーズに伝わるように神経線維を絶縁する働きをしています。

 

MOG(ミエリンオリゴデンドロサイト糖タンパク)はミエリンを構成する成分のひとつで、抗MOG抗体とはこのMOGを攻撃する自己抗体です。小児の「急性散在性脳脊髄炎(ADEM)」など中枢神経の炎症性脱髄疾患に関わる抗体として以前から知られていました。

 

NMOSDやMSとは異なる病気として認識

 

最近の研究で「症状はNMOSDと同じでも抗AQP4抗体は陰性」といった人の一部で、血中の「抗MOG抗体(こうもぐこうたい、と読みます)」が陽性になることがわかってきています。

 

東北大学の研究によると、この抗体が陽性の患者の特徴は現在のところ、次の通りです。

 

  • 抗AQP4抗体は陰性
  • 発症年齢は20〜30代に多い
  • 男女差はないか、やや男性に多い
  • 視神経炎の頻度が高く眼痛を伴う
  • 脊髄炎は感覚障害が主体
  • 排尿障害の頻度が高い
  • 髄膜脳炎によるけいれんを起こすことがある
  • 小児のADEM(特に再発性)で陽性頻度が高い など


この病態は「抗MOG抗体関連疾患」と呼ばれることがあり、NMOSDやMSとは異なる病気として認識されつつあります。

 

しかし東北大学によると、こう呼んで良いのかも含めてまだ研究中とのことです。また抗MOG抗体は測定する施設や方法により大きく結果が異なるので注意が必要です。

 

東北大学では無償で抗MOG抗体を測定しています。 →「抗MOG抗体測定」へ

認定特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.