カテゴリー カエルくん|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
スタッフブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin facebook
ms cabin youtube
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > 中田の郷子ブログ > カエルくん

中田郷子のブログ

カエルくん一覧

こんにちは、カエルくんです。

 

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

外出自粛の地域が多く終わりが見えない不安な状況にあると思います。

僕の地域も今日から外出自粛要請がでました。

今はとにかく手洗いうがい、食事、睡眠にしっかり取り組むしかなさそうです。がんばりましょう。

 

さて、今日は処方について記録しておきます。

 

次回の通院は6月のMRIですが、そこまで薬がもたないので薬だけの通院が必要になりました。が、僕の掛かり付け病院は東京にある大きな病院なので、電車に乗って通院し、混雑しているなかで半日以上待つことになってしまいます。今はなんとかそれは避けて処方してもらえないか調べました。

 

結果的には通院せずに自宅近くの薬局に行くだけで済みそうです。

 

病院に電話して相談したところ、電話口でもやりとりができるとのことでした。(支払いは次回通院した時の請求に合算)

その後、処方箋が自宅に届くので近くの薬局で受け取ってください、と。

 

ただ、テクフィデラはどこの薬局にも在庫があるものではないのです。

実は去年、病院から少し離れたところに引っ越したタイミングで、主治医は変えず「二つ目の掛かり付け病院」として新居の近くで病院を探しました。

徒歩圏内ではないですが、隣町で対応してもらえる病院を見つけ、一度診察と処方をしてもらってました。(3〜4つほどの病院に電話しました)

 

やはりその時も、MSに対応している脳神経内科がある病院(そもそも少ない)でさえも、「テクフィデラは近くの薬局に常備されてないので診察来る時は事前に伝えてください」と言われました。

なので今回は、今の段階でその時利用した薬局に電話し、近々薬を受け取りに行くと伝えました。一度処方してもらっていたので話はすんなり通ったのでよかったです。

 

自宅近くの病院に通院することもできたのですが、大きい病院なのでこちらも半日待つのと、近くの他の病院で感染者が発生した情報があるので、控えたいと思ってました。

 

 

(以下追記)

 

2〜3日後、書類が届きました。中身は「処方箋」と「自己負担上限額管理表(仮)※」です。

この「自己負担上限額管理表(仮)」を薬局に提出し、金額を書いてもらいました 。

次回通院時、自分の「自己負担上限額管理表」に転記してもらいます。

「自己負担上限額管理表(仮)※」は処方箋元病院が発行したものなので、取り扱いについては各病院にお問い合わせください。

 

書類を持ってさっそく自宅近くの薬局にいきました。

休日でしたが待合室には一人もいなかったです。60日分受け取ったので、在庫と合わせて3ヶ月くらい持ちます。

次回は6月の定期MRIで、そこでまとめて支払いです。

 

まとめると、

 

  1. 掛かり付け病院にて電話で診察
  2. 処方箋を自宅まで郵送してもらう
  3. 処方箋が届いたら、自宅近くの薬局で薬を受け取る (←イマココ)
  4. 次回の通院で支払い

 

という流れでした。

皆様、お忙しいところ余計な手間までご対応していただきありがたいです。

 

まぁ、3ヶ月に一度は検体検査で経過を確認しなければいけないので、いずれは東京に行くことになるのですが。

2020.4.4

おめでとうございます。

 

カエルくんです。

 

 

去年は、いろいろな環境が大きく変わりました。特にこうして、MSキャビンの一員になっているのは自分でもびっくりです。

 

初めてMSキャビンを知ったのは、診断された年でもある2017年です。診断され、セカンド・オピニオンで今の主治医に出会い、その時にMSキャビンを紹介されました。

 

その後MSキャビンの情報を読み漁り、MSを知っていくことになります。診断当初は何も見えず、不安というより、良くも悪くも何も考えられない状況でした。でも情報を得るたび、それは解消されていきます。例え現代医学では治癒ができないとされていても、知るということで、再発予防の必要性と、日常生活ではあまり気にしすぎなくて良いということがわかり、気が楽になりました。

 

でも、こうして前向きになれたのはそれだけではなく、周りで支えてくれる人たちのおかげでもあります。理解してくれる家族や仕事仲間はもちろんありがたいのですが、特に理解する気もなくこれまでと同じように接してくる友というのもまた、前向きにしてくれる大事な存在でした。彼らといると、悩めば悩むほど小さい自分にアホらしくなります。

 

 

 

話変わって、明けました2020年。

 

 

今回の年越しは「家族」でわいわい過ごしました。
駅伝を見て熱い「仲間」の闘いに感動しました。

 

 

どんな状況になっても家族や友、MSキャビンなど、仲間がいるからどんな困難もきっと越えられます。
そんな環境に居られて僕はとても恵まれています。
言葉と行動で感謝を伝えていきたいと思います。

 

 

今年はMSキャビンスタッフとしてさらに一歩踏み込んだ活動をしていく所存です。
皆さんはどんなことをやりとげますか。

 

今年もよろしくお願いします。

2020.1.2

特定非営利活動法人MSキャビン
トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.