第1回就労セミナー|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
スタッフブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin facebook
ms cabin instagram
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > 中田郷子のブログ > 第1回就労セミナー

中田郷子のブログ

第1回就労セミナー

今日は田町です。土地勘がなくアウェイです。駅から5〜6分のところにある株式会社D&Iで初のMS/NMO就労セミナーです☆

 

6人のご参加をいただきました。MS患者さん3人、NMO患者さん1人、そのほかの方1人です。今日のためにご準備いただいた部屋でお茶をいただきながら講義を受けました。講師はキャリアカウンセラーの東郷佑紀さんです。

 

営利企業さん主催なので、内容の詳細はここで報告しないほうが良いかなと考え報告しませんが、私が特に印象に残ったことを少しお知らせしようと思います。

 

まず、仕事とは第一に収入のためですが、何のためにどのくらいの収入が必要なのか、収入を得た結果どうしたいのか。ここが漠然としたままだと仕事探しも難しいだろうというお話です。

 

ただ漠然と、仕事仕事と言っていた私です。東郷さんにお願いしてよかった。

 

そしてもう1つ。障害者雇用において会社が求めている人材は、資格や技術的なスキルよりも、自分の状態をどのくらい把握し、どのくらい自己管理できているかだそうです。あとは人柄。

 

会社の人にとっては、その人の状態を知る材料がほしくて、その人の状態をいちばん知っているのは他ならぬその人本人のはず。自身の状態を理解し、そして他者がわかるように表現できる人。そのような人が求められているそうです。

 

(自己管理か。私、やばし。と内心つぶやく)

 

ほかにも印象的でなるほどと思えるお話はたくさんありましたが、報告はこのくらいにします。

 

株式会社D&Iは障害者の方への就労支援を事業としていますが、今日のセミナーには障害者手帳を持っていなくてもご参加いただけます。

 

次回は10日(土)。ですが定員オーバーです。すみません。

 

ご参加いただいたみなさま、東郷さん、今日はありがとうございました。

 


 

御徒町の多慶屋

 

非常に趣味の悪い紫色のビルで、昔は角の多慶屋がゼアって店でそれは金色で、紫と金色で見ていられないほどの悪趣味だったんだけど、今はゼアがなくなり紫に統一。何号館とかもできてあちこちに紫勢力を拡大。

 

IMG_2220

自販機まで紫。

 

一貫してる。

 

2016.9.3

特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.