薬剤師さんの研修会|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
スタッフブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin facebook
ms cabin instagram
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > 中田郷子のブログ > 薬剤師さんの研修会

中田郷子のブログ

薬剤師さんの研修会

今日は横浜です。土地勘がなくアウェイです。駅から10分のところにある八洲学園大学で、富士薬品さん主催の「信頼される薬剤師研修」に参加しました。

 

多発性硬化症の治療について薬剤師さんに伝えたいことを30分、お話させていただきました。話は「多発性硬化症の概要」「多発性硬化症の治療」「新薬の問題点」の3つに分けました。

 

後半のディスカッションのため、予めグループに分かれた座席配置です。中にはこっちを見て大きくうなづきながら聴いてくださる方もいて、そのような方々を集中的に見てお話しました。

 

こっくりこっくりしている方とか、なんか別のこと考えてるっぽい方のことは見ないように。これ講演のコツ。

 

その後、公益社団法人日本リウマチ友の会の長谷川三枝子理事長から30分、お話がありました。

 

リウマチの患者数は国内で70万人。近年、生物学的製剤を中心に治療が飛躍的に進んでいるそうです。支部活動に力を入れていることもあり、リウマチ専門医も増加。患者は医師と共に治療を選択できているとのことでした。

 

友の会の会員は主に、情報収集と相談のために入会した人が多いとのこと。ネット情報が普及した今、情報に振り回されることのないようにとアドバイスすることもあるそうです。

 

いつお聴きしても貫禄があってしっとりとしたご講演。見習います。

 

そしてグループディスカッションです。6グループあり、10分ずつ回ってディスカッションに参加させていただきました。

 

ディスカッション発表では「患者さんの気持ちを一層意識する」「疾患についてもっと知らなければならない」「薬を渡す時は一方的な説明ではなく、個々人に対応したい」などのお話があり、薬剤師さんの存在を改めて心強く思いました。

 

このような機会に参加させていただき、ありがとうございました。

 



IMG_2228

神田川みたいな川を渡りました。これ帰り道。行きはここ灼熱。

 

IMG_2230

何度か講演会を開催した崎陽軒。いつも地下で移動してたから知らなかったけれど、外から見たらこんなでした!

 

IMG_2232

横浜駅を外から改めて見たのも初めて…?!

2016.9.4

特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.