第2回就労セミナー|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
スタッフブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin facebook
ms cabin instagram
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > 中田郷子のブログ > 第2回就労セミナー

中田郷子のブログ

第2回就労セミナー

今日は土地勘がないアウェイな田町です。でも2回目なので少しわかってきました。株式会社D&Iで第2回MS/NMO就労セミナーです☆

 

9人のご参加をいただきました。MS患者さん8人、NMO患者さん1人です。お茶をいただきながら講義を受けました。講師はキャリアカウンセラーの東郷佑紀さんです。

 

今日のお話のテーマは「自分の病状をどう伝えるか?」です。職場だけではなく家族や友人に病気を理解してもらうのにも役立つ内容でした。

 

講義では精神障害を抱えた方が面接においてどのような説明をしたか、いくつかの具体例が挙げられました。

 

必要なのは、自分の病状について根拠を示しながら具体的に説明すること。できないことを強調するのではなく「こうしたらできる」あるいは「これはできないけどこれはできる」と相手の気持ちを考えた説明にすること。

 

特に共感できたのは「会社はこれまでの病歴よりも今のあなたを知りたい」ということです。これはキャビンの電話相談でもよく思うことで、私がよくお話を遮るのはこのため。今、何に困っているのかをまず知りたいんです。

 

休憩はさんでワーク開始☆ 今のお話をもとに、自分だったらどう説明するかをシートに記入していきます。

 

IMG_2248

私も書きます。だいぶむつかしい。

 

そもそも病状よりも私の場合、協調性の問題だと自覚しています。病気以前の話で要するに協調性がない。

 

シートの内容を1人1人発表したり提出したりすることはなく終了。最後に会社のご説明をいただきました。

 

ご参加いただいたみなさま、東郷さん、今日もありがとうございました。

 


 

IMG_2239

チチ♡

 

2016.9.10

特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.