京都セミナー|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
スタッフブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin facebook
ms cabin instagram
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > 中田郷子のブログ > 京都セミナー

中田郷子のブログ

京都セミナー

大阪セミナー終了後、京都に向かいました。

 

高槻に到着しました。^^;

 

170221c

早く来たのに乗ったら各停だったようです。新快速だかに乗換。

 

開始前に京都に着いたはいいけど、すでに近藤先生が到着してました。先に行って準備しようと思ってたのにー。こんなことなら先生をお待ちしてれば良かった。

 

さて、夜は京都セミナーです。駅から数分のキャンパスプラザ京都で開催しました。講師は近藤先生で、個別相談には端 祐一郎先生(京都大学大学院)が協力してくださいました。

 

京都参加者はNMOの方のほうが多かったので、NMOのお話が多かったです。予防はやはりステロイドと免疫抑制剤。少量のステロイド/免疫抑制剤でコントロールできないような場合はモノクローナル抗体が良いかもしれないとのことです。

 

モノクローナル抗体は現在治験中。早く使えるようにと願います。個人的にはステロイドと免疫抑制剤の副作用がひどい方も、この治療薬の対象にしてほしいと思います。

 

MSの話題ではビタミンDのことがありました。世界的にMSが軽くなっているのにはビタミンDを飲んでいることが背景にあるの “かも” とのこと。科学的根拠はないですがと念押し。

 

ビタミンDについて先生は以前、ブログに書かれています。→「MSは日光にあたるほうが良い」へ

 

11人(8世帯)のご参加をいただきました(MS1人 NMO3人)。みなさま、近藤先生、端先生、ありがとうございました。

 

170221d

京都タワーきれい☆

 

21:18京都発ののぞみ62号で帰りました。東京着23:32。家に着いたの翌日。

 

眠い。。。

2017.2.21

特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.