北海道MS・NMO医療フォーラム|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
スタッフブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin facebook
ms cabin instagram
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > 中田郷子のブログ > 北海道MS・NMO医療フォーラム

中田郷子のブログ

北海道MS・NMO医療フォーラム

朝はホテルでゆっくり。

 

IMG_3273

もやってる。

 

IMG_3274

晴れてきた。

 

IMG_3275

こうなってるらしい。

 

チェックアウト後もブラブラしないで喫茶店で過ごしました。

 

とにかく疲れないようにしないと持たないからね。おばばだからね。

 

IMG_3276

会場はさっぽろ芸文館(ニトリ文化ホール)。

 

IMG_3277

むしろこっちが気になる。

 

とにかくフォーラム開始。最初は深澤俊行先生の司会で藤原一男先生による「MSとNMOを理解しよう」。

 

一般市民も対象にしてたこともあるのかな、ごく易しいお話でした。進行しないように早期治療が大事といったお話。今や6種類使える予防治療薬の位置付けのお話もありました。

 

そして私から日常生活についてお話しして、最後は深澤俊行先生による「治療の目標はなに?」。

 

先生のお話でいつも好きと思うのは、病気の安定にはいろいろな要素があるというお話。

 

結婚して落ち着いた人、注射をやめたら落ち着いた人(←注射自体が相当なストレスだった)など何人かのお話がありました。

 

共感。ほんとにそう。病気の安定は薬だけじゃなくて、生活全般のいろんな要素がからんでるって思います。

 


 

写真撮ろ〜〜って盛り上がってるのに誰も撮ってくれない。

 

IMG_3279

なので3人でジドリ。

 

ニトリでジドリ。

 

終了後も余計な体力を使わないで空港に向かい、新千歳20:00発JAL526便で戻りました。

 

60人くらいのご参加があったかと思います。みなさまありがとうございました!

2017.6.24

特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.