新宿講演会|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
スタッフブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin facebook
ms cabin instagram
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > 中田郷子のブログ > 新宿講演会

中田郷子のブログ

新宿講演会

久しぶりに大江戸線に乗りました。「若松河田」から東京女子医大病院へ。

 

ここも久しぶり。今日は講演会です☆

 

大橋高志先生(東京女子医大八千代医療センター)、清水優子先生(東京女子医大)、そして昨日の仙台カンファレンスの帰りに途中下車してくださった宮本勝一先生(近畿大学)もご参加くださいました。

 

今回は前半をNMO、後半をMSに分けて進めました。

 

IMG_3372

NMOの概要、ステロイドと免疫抑制剤のお話、NMOと妊娠・出産、MSの概要、テクフィデラを中心にMSの治療、MSと妊娠・出産について、3人の先生方にお1人2つずつ、お話いただきました。

 

改めて勉強になりましたー。

 

特に今、バナチ104号で妊娠・出産を書いてるところなので、清水先生のお話はもっと食いつきたいところが多々。

 

MSの治療薬において妊婦への安全性が高い順に、

 

コパキソン®>テクフィデラ®>アボネックス®&ベタフェロン®>タイサブリ®

 

このあたりもう一度、初稿を見直そうと思いました。

 

ジレニア®&イムセラ®は妊娠は絶対NGです。注意してください。

 

IMG_3078

開始前に大橋先生と宮本先生にゆいちゃの口内炎を相談をしてたのでした。

 

「セカンドオピニオン受けたほうがいいよー」とのことで紹介されたのがココ。

 

埼玉県幸手市「大橋動物病院

 

・・・そう、先生の弟さん…♪

 

しかし幸手。東武動物公園からさらに北上。

 

車で行くとしても、今のゆいちゃには遠い。。。

 

2017.7.9

特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.