バナチvs.ブルジ|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
スタッフブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin facebook
ms cabin instagram
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > 中田郷子のブログ > バナチvs.ブルジ

中田郷子のブログ

バナチvs.ブルジ

昨日はメール発送だけしてお昼過ぎからお休みをいただきました。休んでばかりですみません。

 

今日はメールの後、完全ブック第3章「検査・診断」です。

 

MRIのところはりんごチップス8号(2015年10月号)をもとに改訂。「造影MRIで使われるガドリニウムを繰り返し使うと、脳に沈着物がたまるかも」という話についてです。

 

今までは「繰り返し使うことによる合併症の報告なし」だけだったんですが、「でも沈着物が残ってることが報告されています」の内容を追記しました。

 

2015年当時これを話題にしようっておっしゃったのどなただっけ? 今になって改めて助かりました。

 

ちなみにりんごチップスは廃刊。「○○チップス」と名付けたものは、ことごとく廃刊。生き残っているのは「バナナチップス」と「eチップス」だけ。

 

ポテトチップス(小児向け)、おさつチップス(スタッフ向け)、りんごチップス(医師向け)、、、チョコレートもあったような。チョコちとか言ってた記憶があるけれど、誰向けか、わしれた。

 

さらにちなみに、バナナチップスという名称は完全に思いつきです。こんなに立派になるのならもっとまともな名前にしておくんだった。

 

甘いものの名前にしようと思い、最後まで残った候補はバナナチップスとブルーベリージャム。

 

バナチにしといてよかった。ブルーベリージャムは略したらブルジだからね。さらに意味不明。

 

どーでもいい話。

 


 

こないだ親戚に教えてもらったゴーヤの食べ方。

 

IMG_3480

油で軽く炒めて、お酒、みりん、しょうゆで煮る。かつぶしかける。

 

終わり。

2017.8.17

特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.