ゼロ突入|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
スタッフブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin facebook
ms cabin instagram
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > 中田郷子のブログ > ゼロ突入

中田郷子のブログ

ゼロ突入

ここ数日はお休みいただいて診察のほか、日曜日の名古屋講演会の最終準備。そしてバナナチップス105号の初稿です。

 

「医療相談」まで終わりました。

 

ところでバナチ104号談話室「予防治療は止められるか?」に、MSでは年を取るにつれて病状が落ち着いてくる人がいることについて書きました。加齢と共に免疫系の機能が低下していくことも書きました。

 

年齢が45歳を超えてMRIも含めて数年再発していない人は、もしかしたら治療を止めていいかもしれないという外国の論文も紹介しました。

 

ただしこの場合の治療とは、ABC(アボネックス®、ベタフェロン®、コパキソン®)です。フィンゴリモド(イムセラ®、ジレニア®)とナタリズマブ(タイサブリ®)は止めるとリバウンドで再発するかもと言われているので、そうはいかないかも。フマル酸ジメチル(テクフィデラ®)は情報がないです。

 

私は来月で45歳になり、ここ3年は再発がなくMRIも変化なし。20〜30代の頃と比べて明らかに病状が安定しています。

 

ということで数ヶ月前からベタフェロン®を減量し、数日前からゼロに突入です。しばらくは3ヶ月に1回のMRIで経過観察。再発したら治療再開。

 

今後どうなるか…?!

 

※全員が全員そうではなく、年を取っても病状が治まらない人もいます。私は主治医と充分に話してこうしたわけで、1例としてご報告しました。

 


 

レターホルダーがほしいと思ってました。

 

IMG_3594

母が自分の刺繍をリメイクして作ってくれたけど

 

IMG_3596

 

IMG_3595

場所変えよう

2017.9.30

特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.