名古屋講演会|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorder; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
MSの専門医が答えるQ and A
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
NMOSDの専門医が答えるQ and A
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
中田郷子のブログ
近藤誉之のブログ
マダミーのブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > 中田郷子のブログ > 名古屋講演会

中田郷子のブログ

名古屋講演会

10:10東京発ののぞみ23号で、今日は名古屋です。

 

IMG_3603

名古屋駅から近鉄に乗り換えて2つ目「黄金」から徒歩で向かいました。会場は偕行会城西病院。お邪魔するのは2度目です。

 

今日の講演会は城西病院の後援です。名義だけではなく会場を使わせていただいて、そのうえ案内板の設置や駐車券の発券、荷物の受取と発送のほか、看護師さんが2人もお手伝いに来てくださるなど、何から何までしていただきました…。

 

感動です!

 

IMG_3604

先生方のお話をいくつかご紹介します☆

 

●朝倉邦彦先生(加木屋脳神経内科クリニック)「視神経脊髄炎の概要と治療」

 

NMOSDはMSとは病気の起こり方が違う。NMOSDはアストロサイトが攻撃される。1993年以降「MSの中に血漿交換がとても効くタイプがいる」という報告がされるようになって研究が進み、2006年にNMOの診断基準が提唱されたそうです。

 

NMOSDは中枢神経系の病気。対して末梢神経系の病気の代表的なものにギランバレー症候群があります。あのゴルゴ13はそのギランバレー症候群だというお話もありました。思わず「へー」と言ってしまいました。

 

●田中正美先生(京都民医連中央病院、偕行会城西病院)「ステロイド薬と免疫抑制剤のお話」

 

先生のNMOSDの治療方針は「ステロイドから始めて免疫抑制剤を併用して、いずれステロイドはゼロにする」。免疫抑制剤ではプログラフ®をよく使うそうです。

 

このプログラフ®はテグレトール®との併用に注意。プログラフの血中濃度が下がる恐れがあるからだそうです。ガバペン®など別の薬に変えたほうが良いとのこと。

 

●錫村明生先生(偕行会城西病院)「多発性硬化症の概要と治療」

 

正常であれば神経伝導の速さは時速400km。ミエリンが壊れると時速4kmくらいになるそうです。

 

近年のMSの増え方は潰瘍性大腸炎にそっくりと言われることが多いけれど、免疫系の病気はだいたいみんな増えて来ていて、中でも潰瘍性大腸炎はずば抜けて増えている。MSはそこまで急激に増えてはおらず、そっくりとは言えないのではないかとのこと。

 

後で先生と話したところ「MSは生活習慣病とはいえない」とキッパリおっしゃってました。

 

●田中正美先生(京都民医連中央病院、偕行会城西病院)の「MS治療薬のリスク管理」

 

MS予防薬の中には、切り替えることで再発のリスクが高まるものがあります。なので治療薬の切り替えの話があった時は、なぜ切り替える必要があるのかを充分に確認すること。とのこと。

 

特に「内服薬が出たので変えてみましょう」「フィンゴリモドよりテクフィデラ®のほうが副作用が少ないから変えましょう」といった説明には注意だそうです。これはキャビンにもよく届く話です。

 

また妊娠希望のために「フィンゴリモドからコパキソン®へ」の切り替えはしないほうが良いとのこと。フィンゴリモドを中止することによる活動性を抑えるには、コパキソン®では力不足なのだそうです。

 


 

59人(38世帯)のご参加をいただきました。愛知県だけではなく三重、岐阜、そして埼玉県からも…!

キャビTは4枚お買い上げいただき、募金8,000円、ご寄附13,000円、そしてハガキと切手のご寄附もたくさんいただきました。

 

みなさま、先生方、ありがとうございました。

 


 

IMG_3611

錫村先生に連れて行っていただいたパーラーペコペコ。バナチ読者さんのお店です☆

 

たらふくいただき、ごちそうさまでした!

 

お料理が美味しいのはもちろん、マダムが明るくておもしろくて美しくて素敵です☆


思わず時間を忘れて新幹線はギリギリになってしまいました。20:39名古屋発ののぞみ416号で帰りました。


名古屋からひかり号と間違えて乗車したご夫婦が気の毒でした。新横浜で乗り換えて戻るそうです。


無事におうちに着いたかな…。

2017.10.1

認定特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.