横浜市青葉区MS講演会|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
スタッフブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin facebook
ms cabin instagram
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > 中田郷子のブログ > 横浜市青葉区MS講演会

中田郷子のブログ

横浜市青葉区MS講演会

メール返信の後、横浜市青葉区主催の講演会におじゃましました。横浜市では市民向けに各区で年2回、難病医療講演会を開催しています。今回は青葉区で多発性硬化症がテーマ。

 

会場の最寄駅は「市が尾」。日比谷線→銀座線→半蔵門線&東急田園都市線。メトロで地味に向かい、市が尾駅構内のパン屋で時間調整していたところ、古くからお付き合いいただいているtatchさんと偶然再開☆ 少しおしゃべりして一緒に向かいました。

 

 IMG_4182

 

医療講演は大橋高志先生(東京女子医大八千代医療センター)による「多発性硬化症」。

 

主催者ではないので内容の報告はナシです。すみません。視神経脊髄炎のお話もあって、一番割合が多かったのはMS予防治療について。それぞれの治療薬の位置付けや新薬テクフィデラ®のお話もありました。

 

テクフィデラ®は今、2週間分までしか処方できないという制限があるけれど、来年2月下旬になったら制限がなくなります。

 

そしたら使い始める人が増えるだろうな、薬の切り替えについてご相談が増えるだろうなと思います。

 

というわけで私のメモから下記だけ一部ご紹介☆

 

●切り替えについては、今の治療で上手くいっているのなら変えないほうが良いといえる。(上手くいっている状態:再発もなく脳病巣も問題なく副作用なども問題ない状態)

 

休憩をはさんで質問用紙が回収されました。

 

それを1人で即座に整理してズバズバ答えた先生、さすがですーーー。感動しながら全部記録しました!

 

その後、私の「患者会紹介」の番になったんですが、ここで生まれて初めての経験。

 

プロジェクターが見当たらない。消えた。

 

片付けられてしまったようです。

 

「食べてる途中にお皿下げられちゃった」といった気分でしたが、参加者の方々には何の罪もなく、スライドなしで話しました。

 

視覚的に理解できるような箇所はスライドなしでは難しく、いくつかお話できませんでした。

 

メインは全国にある患者会の紹介。でもそれでは時間がもたないので、割愛した時間の分は「見ないでほしいウェブサイト」をお伝えしてみた。^^;

 

最後の交流会で、M-N Smileのこんちゃんを発見。ご参加を知っていたら話の中でご紹介したのにーと、講演中に見つけられなかったことを反省しつつ、お話できたことに感激。

 

みなさま、ありがとうございました!

 

IMG_4177

 

2017.12.17

特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.