神経免疫学会|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
スタッフブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin facebook
ms cabin instagram
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > 中田郷子のブログ > 神経免疫学会

中田郷子のブログ

神経免疫学会

先週の金曜日は、神経免疫学会の学術集会のため、郡山に行って来ました。

 

IMG_3535

上野12:06発のつばさ137号。久しぶりの新幹線。

 

IMG_5666

中島先生が設置してくれた完全ブックブースを確認した後、

 

IMG_9854

近藤先生が貼ってくれたポスターに直行。

 

全部してもらった後に行くという殿様出勤ぶり。すみません。

 

IMG_3406

ポスターは京大の濱谷先生が印刷してくださったそうで、紙ではなく不織布です。特に海外の学会なんかでは、折っても折り目がつかないから筒状にする必要もないとか。

 

ポスター前に立ち止まってくださった先生方と、ポスターのテーマであるMS治療薬の有害事象について情報交換できました。

 

重篤な有害事象の報告が増えるのを知るだけで何もできなかったここ数年。

 

知ってるのに何もしないのは罪と思い苦しんできましたが、データを形にしてくれた近藤先生、ポスターに関心を寄せてくださった先生方、そして場を提供してくださった神経免疫学会をありがたく思います。

 

前向きなテーマであれば、こうして掲示できたことを手放しで喜ぶんですが、テーマがテーマだけに、喜ぶのは難しいです。ポスターは地味に保管しておきます。

 

このためだけに郡山に行った感じで、とても贅沢。参加費と交通費、ついでに抄録集も私費なのでご安心ください。

 

演題を拝聴するのは、私が患者なだけに、最近は遠慮気味です。私も! と患者の参加が増えるのは違うのかなと。この学会は先生方が主体の場だから。

 

ただキャビンとしては情報収集は必須だし、参加の仕方、ちょっと考えます。

 

 


 

 

昨日は1日お留守番〜

 

 

IMG_7125

 

 

春のお彼岸、東京のお盆、田舎のお盆、秋のお彼岸。

 

 

今年のお墓まいり、コンプリート☆

 

 

次はお墓まいり上級編スタート(週末金沢、来月北海道)

2018.9.24

特定非営利活動法人MSキャビン

このサイトは、日本インターネット医療協議会(JIMA)の
トラストプログラムに参加しています。
マークをクリックすると、サイトの認証情報が確認できます。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.