八千代セミナー|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
スタッフブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin instagram
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > 中田郷子のブログ > 八千代セミナー

中田郷子のブログ

八千代セミナー

東京女子医大八千代医療センターで、MS/NMOSD医療セミナーを開催しました。

 

IMG_6365

7月開催予定が台風で延期。今日は良いお天気でよかったです!

 

IMG_8528

セミナー主催久しぶりかも。ちょいナマってるかも。

 

IMG_7471

講師は大橋高志先生。まずは多発性硬化症「予防治療と進行性多巣性白質脳症(PML)」のお話をいただきました。メモから少しご紹介。

 

●インターフェロンは年間再発率を30%、フィンゴリモド(イムセラ®、ジレニア®)とフマル酸ジメチル(テクフィデラ®)は50%、ナタリズマブ(タイサブリ®)は70%下げる。

 

●ただ効果が高い薬では特に、PMLはじめ感染症の副作用が懸念される。

 

●PMLを発症しやすい要素として、タイサブリ®では「抗JCウイルス抗体陽性」「2年以上ナタリズマブを使用」「免疫抑制薬の使用経験がある」。

 

●テクフィデラ®では「リンパ球が急速に減った人」。フィンゴリモドはどのような人に起こりやすいかはわかっていない。

 

IMG_7470

参加者が入れ替わって次は視神経脊髄炎「ステロイド薬と免疫抑制薬」のお話をいただきました。こちらもメモから少しご紹介。

 

●ステロイドの副作用を抑える薬の副作用も懸念される。

 

●たとえば消化性潰瘍予防のために処方されるプロトンポンプ阻害薬や、骨粗鬆症予防のために処方されるビスホスホネート製剤には心配な副作用が多い。

 

●NMOSDの人は、再発のリスクだけではなく、ステロイドのリスク、ステロイドの副作用を抑える薬のリスクなど、様々なリスクを抱えている。

 

●基本的に、薬を飲んでいる時はグレープフルーツは止めておいたほうが良い。ジュースも含めて。これ以外にもNGフルーツ:ブンタン、グレープフルーツ、絹皮、スウィーティ、はっさく、晩白柚、夏みかん、ダイダイ、サワーオレンジ

 

治療の実際については大橋先生の私見をお聞きできました。これが毎回、勉強になります!

 

グレープフルーツについては、コチラもご覧ください。
→「グレープフルーツ以外にも注意したい食材」大阪国際がんセンター

 

 

MSは14人(10世帯)、NMOSDは13人(9世帯)のご参加をいただきました。MSの出席率は80%、NMOSDは100%です☆

 

募金もたくさんいただきました(MS 9,000円、NMOSD 7,000円)。

 

ありがとうございました!

 

 

IMG_8550

 

ホームページに先生方の動画をご紹介したいと思ってて、テスト動画をちょろっと撮影してみた♪

 

それ用に高いカメラを買ったんだけど、iPhoneで充分かも。^^;

2018.10.27

特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.