アボネックス®終了|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
スタッフブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin facebook
ms cabin instagram
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > 中田郷子のブログ > アボネックス®終了

中田郷子のブログ

アボネックス®終了

土曜日はメール発送とホームページで、夜は楽しいクリスマス会におじゃまして帰宅が深夜過ぎになり、昨日は眠くてメールだけ。1日ダラダラと過ごしました。

 

先ほど「アボネックス®」の見直しが終わりました。

 

直した箇所は結構ありました。中和抗体は測定してもらえるなどといった大昔の記載も残っていて・・・。

 

中和抗体というのは異物に対して体内で作られる抗体の一種で、これが多く作られると薬剤のキキメが低くなるというものです。

 

で、中和抗体は今、測定してもらえないです。インターフェロンを使ってて効果がなくなってきたなあという場合は、臨床経過から、薬の変更が検討されています。

 

というわけで、このような記載に変更しています。

 

 

Q. 最近、再発するようになった気がします。効いているのでしょうか?

 

A. 体内でアボネックス®に対する「中和抗体ちゅうわこうたい」が作られている可能性があります。2年以上アボネックス®を使っていて、薬の効き目が悪くなったような場合は中和抗体ができている可能性があり、薬の変更が検討されます。

 

※中和抗体は現在、日本では測定できません。

 

 



国会図書館から届いた♪

 

IMG_0661

2018.12.10

特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.