お茶ノ水MSセミナー|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
スタッフブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin facebook
ms cabin instagram
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > 中田郷子のブログ > お茶ノ水MSセミナー

中田郷子のブログ

お茶ノ水MSセミナー

こんにちは。中田デス。順天堂でMSとNMOSDのセミナー。

 

私はNMOSD会場の司会の予定だったんですが、MS会場に時事通信さんの取材が入ることになり、Madamyと入れ替わりました。

 

というわけでMS会場の講演内容を簡単に報告します。大橋高志先生(東京女子医大八千代医療センター)による、MSのあらましと治療のお話。

 

IMG_1767

 

◉日本のMSが増えた理由のひとつに「食生活の欧米化」がある。しかしもともとそういう食生活をしているアメリカでもMSが増えている(ここ40年でおよそ2倍増えた)。

 

◉フィンゴリモドはリンパ球を減らすので感染症に注意。中でも注目されているのはクリプトコッカス。そしてPML。

 

◉二次性進行型に対して日本ではシポニモドが承認申請中。フィンゴリモドと同系統の薬で、フィンゴリモドより副作用が少ないかもしれない。一次性進行型に対しては海外でオクレリズマブ(オクレバス®)が承認されている。

 

質問の時間で「MSの人はチーズとワインはダメ」って主治医から言われてる人がいて驚き!

 

完全に間違ってる情報で、MSにはチーズもワインも禁止されてないけど、出所はどこなんだろう??

 

34人(25世帯)のご参加をいただきました。最も遠方は沖縄県民! 頑張って来てくれてありがとうございます。

 

13,000円の募金・ご寄付をいただきました。

 

先生、みなさま、ありがとうございました!

 

2019.5.12

特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.