初めてのクイーン|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
スタッフブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin facebook
ms cabin instagram
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > 中田郷子のブログ > 初めてのクイーン

中田郷子のブログ

初めてのクイーン

pbbanner

こんにちは。中田デス。昨日も今日もずっとバナナチップス112号デス。

 

全てのご講演終了。あとはパネルディスカッションのみ。とても進んだ感じするけど、締め切りとしては全然なんで。

 

一部ご紹介いたします☆ 未監修です。

 

 

 

「抗 MOGもぐ 抗体関連疾患」
中島なかしま 一郎いちろう 先生(東北医科薬科大学医学部)

 

◉MOGとはミエリンの表面にあるタンパク。これが標的にされる病気が「抗MOG抗体関連疾患」。血液中の「抗MOG抗体」がMOGを攻撃する。

 

◉小児期においてMSと診断された人は抗MOG抗体関連疾患である可能性がある。というのもMSでは、10歳以下と50歳以上の発症はまれだから。一方、抗MOG抗体関連疾患の発症年齢は、5〜10歳に1つのピークがある。

 

◉抗MOG抗体関連疾患で再発を繰り返す場合は、まずはステロイド薬で予防を試みる。

 

 

 

「多発性硬化症のあらまし」
木下きのした  まこと 先生(大阪大学大学院)

 

◉MSはもともとの体質にいくつかの環境要因が加わって発症すると考えられている。

 

◉MSは早期診断・早期治療が大事ではあるが、あせって診断を誤ってしまうことのないよう注意が必要。治療に影響する。

 

◉最近、血液で病状を測定する「 血清けっせい ニューロフィラメント」の測定が注目されている。まだ研究段階。

 

 

 

「多発性硬化症の治療」
濱谷はまたに 美緒みお 先生(京都大学大学院)

 

◉MSの予防治療は早めに始めたほうが良いが、再発回数が少なかったり進行しそうになかったりする人がいる。そのような場合は本当に再発予防治療が必要なのか、熟考する必要がある。

 

◉治療効果が「30%」「50%」「70%」というのは全体の数値。たとえば30%というのは、10人中3人によく効いたということ。

 

◉再発予防薬の副作用で懸念されるのはPML。PMLを発症しやすいリスクを評価して、定期的にMRIを撮って早期発見に努めている。

 

 

 

「多発性硬化症レッドフラッグ」
芦田あしだ 真士しんじ 先生(京都府立医科大学大学院)

 

◉レッドフラッグとは「MSらしくない」「MSとしては珍しい」など、MSと診断できた場合でも注意が必要な要素

 

◉レッドフラッグありの場合は、MSの予防治療薬が無効あるいは病状が悪化する可能性がある。

 

◉レッドフラッグありの場合の再発予防治療は、基本的にはステロイド薬や免疫抑制薬。

 

 

 

!!名古屋講演会決定!!

 

10/27(日)午後。司会・演者は今のところ、景山 卓先生(東海記念病院)、近藤誉之先生(関西医大)、錫村明生先生(城西病院)、中島一郎先生(東北医科薬科大)です。

 

詳細を決めたら募集を始めます♪

 

みそかつ〜〜♪

 

 

 


 

 

 

母がQueenを知りたいと言うのでYouTube

 

 

 

IMG_2194

 

 

IMG_2195

 

 

初めてのQueenにワラワラ集まる

2019.7.5

特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.