2014 10月|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorder; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
MSの専門医が答えるQ and A
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
NMOSDの専門医が答えるQ and A
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
中田郷子のブログ
近藤誉之のブログ
マダミーのブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > 中田郷子のブログ > 2014年10月の投稿一覧

中田郷子のブログ

2014年10月の投稿一覧

 

8:46上野発のこまちで秋田に向かいました。今日は秋田県多発性硬化症フォーラムです(共催:秋田県多発性硬化症研究会、バイエル薬品株式会社 後援:MSキャビン)。秋田駅直結のアルヴェで40人ほどのご参加がありました。

 

まずは菅原正伯先生(秋田大学)による医療講演です。大学関連施設のMS/NMOの様子と、早期治療の重要性について教えていただきました。関連施設では半数以上のMSが予防治療を受けているようでした。ステロイドを使っている方もいて、非典型的なMSにはステロイドが有効な場合があるそうです。このあたり、いつも小平セミナーで聞く山村先生のお話と同じでした。

 

次に私から、自分の体験談と日常生活のお話をいたしました。意外にも秋田では「おへそ体操」をしたことがなかったようです。聞き飽きるくらいにしたかなと勘違いしていました。すみません。

 

その後は1時間ほど、交流の時間です。3つのグループに分かれて話をし、最後にマイクを回して自己紹介しました。1/3ほどが初参加でMSのほうが多く、インターフェロンを使っている方が多い印象でした。

 

毎年ご参加されている方々のお姿が見えなかったことを心配しつつ、今年も呼んでいただき、みなさまとお話できたことが嬉しいです。ありがとうございました。

 

その後はバスで空港に向かいました。明日は京都フォーラムで朝が早いので、大阪のスタッフの家に泊めてもらうことにしています。

 

秋田から伊丹の路線は初めてです。40人乗りくらいの小さなJAL便で、実際に乗っているのは20人もいないくらい。しかも台風に向かって飛んでいるわけで…。飛行機に乗る直前は毎回、家族に別れの電話をしている私としては、最悪のシナリオを考えるのに充分な状況でした。

 

14100401

 

14100402

上の写真は秋田駅。下の写真は秋田空港です。

2014.10.4

バナナチップスとりんごチップスができあがりました。ご協力くださった先生方、ありがとうございます。発送作業は13日の週を予定しています。12/14東京フォーラムのチラシも同封します。

 

その後は日曜日の京都フォーラムの最終準備と打ち合わせをしました。あとは台風の速度が速まらないことを祈るばかりです。

 

今日の電話は2件で、合計10分くらいでした。

2014.10.3

メール返信の後はずっと、発行物の制作です。バナナチップス、りんごチップス、そして12/14東京フォーラムのちらし、プログラム。全ての校正が終わりました。先生方の最終チェックを待って完成です。

 

今日の電話は1件で、5分くらいでした。

2014.10.2

メール返信の後はずっと、レイアウト作業です。バナナチップスとりんごチップスは校正を残すだけになりました。また12月14日(日)の東京フォーラムのチラシ作りを始めました。

 

チラシは前年度のを使っているのですが、今年は会場を1つ増やしているので、困りました。プログラムの記載はぎゅうぎゅう詰めになりました。こちらも校正を残すのみです。

 

今日の電話は2件で、合計20分くらいでした。

2014.10.1

3/3123
認定特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.