2018 12月|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorder; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
MSの専門医が答えるQ and A
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
NMOSDの専門医が答えるQ and A
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
中田郷子のブログ
近藤誉之のブログ
マダミーのブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > 中田郷子のブログ > 2018年12月の投稿一覧

中田郷子のブログ

2018年12月の投稿一覧

メール発送の後はバナチ110号。しばらくこのパターンが続きそう。

 

今日はまず、MSとNMOSD共通の話題として「痛み・しびれの変動とその対策」。

 

こないだツイッターで、寒くなると痛みしびれがひどくなる件について対策をお聞きしたのですが、お寄せいただいた対策を一部、掲載させてもらいます。

 

「軍足履いてます」という方がおられて、靴下の消耗が早い私としては軍足に興味津々。レディースの可愛いのが売ってたらおしえて。

 

なぜ靴下の消耗が早いのかというと、親指の爪が反ってるから。

 

すぐに穴が開き。しょっちゅう繕ってるんですー。

 

次の話題は「インフルエンザ予防にうがいは根拠なし」。風邪予防には良いらしいんですが。

 

罹りたくないけど、罹ったら、タミフル®とリレンザ®は効かないからね。

 

インフルエンザの治療薬は5種類発売されていますが(タミフル®、リレンザ®、ゾフルーザ®、イナビル®、ラピアクタ®)、海外から、ノイラミニダーゼ阻害薬(タミフル®、リレンザ®)は効果が低いばかりか副作用が懸念されるという報告が出されています(2014年・コクラン共同計画・本部英国)。
バナチ109号(2018年秋号)より

 

 


 

 

カコ、夫に抱っこされてブスー

 

 

IMG_0711

 

 

この子はワタシでないとだめなのですよ

 

 

見てこのタスケテの顔

 

 

IMG_0712

 

 

 

2018.12.19

メール発送の後は、今日からバナナチップス110号です。

 

前号は完全ブック発行の特別号で、お伝えしたい話題を9つ、お届けしました。

 

この、全体のテーマを決めない方法は制作がラクで、MSとNMOSDの解説が重複することもなく、多くの話題を提供できるので、次号以降もそうしようと思います。

 

110号は10〜13コの話題を予定。

 

まずは「フィンゴリモド中止後に病状悪化」を書きました。FDAから先月出された警告を和訳したものです。

 

海外の話題だけだと遠い感じなので、国内でも同様の報告があるとして、9月の神経免疫学会の発表も一部入れました。

 

先は長いですが・・・年内にできる限り進めておきたく、集中します!

 

来年2/2(土)川越講演会の申し込み受付を始めました♪
→「2/2川越講演会」へ

 

 


 

 

今年も届いた!

 

 

アイフォンからのプレゼント♪

 

 

IMG_0715

 

 

アイフォンが勝手に写真をムービーにして届けてくれるんですが、タイトル「四本足のお友達」も、アイフォンが独自に考えてくれるの。

 

 

去年は・・・

 

 

IMG_0716

 

 

モフモフ〜

2018.12.18

昨日はお休みをいただきました。

 

今日はメール発送の後、Amazonです。完全ブック売るです。

 

手数料40%取られるのが痛いところですが、流通ルートに乗せられれば宣伝にもなるし、発行経費の元は取れてるし、バナチ読者さんへの販売が落ち着いたので、手続きを始めました。

 

Amazon販売のために今回はISBNコードとバーコードを作ったです。いよいよ本領発揮☆

 

とはいえ申し込みに自信がない。上手くできたのかな。まずはAmazonからの返信待ちです。

 

 


 

 

盛岡の水野先生イチオシの・・・

 

 

IMG_0706

 

 

まさしの餃子とどいた。

 

 

美味!!

2018.12.17

今日もメール発送ホームページ。

 

テクフィデラ®」が終わりました。

 

これでMS治療薬Q&Aは全部おわり。

 

来週からはバナチ110号の執筆に入ります☆

 

ということで、来年2/2(土)の川越講演会のチラシ案を作っておきました。先生OKなら来週から募集を始めます。

 

 


 

 

クリスマスプレゼントだよ〜

 

 

IMG_0692

 

 

IMG_0691

 

 

IMG_0693 2

 

 

IMG_0694

 

 

シーバを最も愛するタム基地

2018.12.15

今日もメール発送ホームページ。

 

タイサブリ®」が終わりました。

 

昨日の、フィンゴリモドとステロイドの併用ヤメテの件ですが、そうでない薬であっても、処方薬があまりにたくさんだと心配。

 

今日ご相談くださった方は、およそ20種類ものお薬が処方されていました。

 

全ての薬が本当に必要で、先生からちゃんと説明を受けていればいいんだけど、何がどうなのかわからなくてたくさん飲んでる場合は、一度先生に相談してほしい。

 

 


 

 

タム基地にチチ

 

 

滑舌改善(タムキチニチチ タムキチニチチ…)

 

 

IMG_0674

 

 

タム基地にカコ

 

 

IMG_0676

 

 

ここカコちゃんち

 

 

滑舌改善(ココカコチャンチ ココカコチャンチ…)

2018.12.14

昨日も今日も最近のパターンです。メール発送ホームページ。

 

コパキソン®」と「フィンゴリモド」の見直しが終わりました。

 

フィンゴリモドのところで、

 

 

フィンゴリモドには免疫を抑える作用があるため、経口ステロイド薬(プレドニゾロン®、プレドニン®など)や免疫抑制薬(イムラン®、アザニン®、プログラフ®など)との併用はおすすめできません。

 

 

と記載しています。

 

 

だいぶ前から訴えてるんですが、どうか併用しないでほしい。

 

9月の学会で近藤先生とポスター発表したけど、フィンゴリモドは感染症関連の有害事象報告が多いんです。そのような薬とステロイドを一緒に飲んでたら・・・

 

今は問題なくても近い将来どうなるかわからない。だからヤメテ。

 

主治医と相談してほしいけど、話にならないようであれば、主治医を変えることも検討してほしいです。

 

主治医との関係よりも、大事なのは自分の命だよ。

 

 

 


 

 

 

さむいっっっ

 

 

 

IMG_0663

 

 

 

IMG_0664

 

 

 

IMG_0665

 

2018.12.13

今日も最近のパターンです。メール発送ホームページ。

 

先ほど「ベタフェロン®」の見直しが終わりました。

 

「注射が負担です」を加えました。

 

 

Q. 注射が負担です。

 

A. 注射したくない気持ちが強く、ベタフェロン®自体が大きな負担になっている場合は、我慢しないで主治医にご相談ください。別の薬に替えることを検討してくれます。

 

 

注射しかなかった時代は、何とかガンバレだったけど、こんなに治療薬が選べるようになった今は、注射のせいでQOLが低下するのはもったいないかも。

 

注射がつらいという方が、たまにいらっしゃるんです。我慢しないで先生に相談してください。

 

 


 

 

さむいっっっ

 

 

窓を二重に閉めてます

 

 

IMG_0601

 

 

お外見えなくてビックリ

 

別んとこ行ったら見えるんだよー

2018.12.11

土曜日はメール発送とホームページで、夜は楽しいクリスマス会におじゃまして帰宅が深夜過ぎになり、昨日は眠くてメールだけ。1日ダラダラと過ごしました。

 

先ほど「アボネックス®」の見直しが終わりました。

 

直した箇所は結構ありました。中和抗体は測定してもらえるなどといった大昔の記載も残っていて・・・。

 

中和抗体というのは異物に対して体内で作られる抗体の一種で、これが多く作られると薬剤のキキメが低くなるというものです。

 

で、中和抗体は今、測定してもらえないです。インターフェロンを使ってて効果がなくなってきたなあという場合は、臨床経過から、薬の変更が検討されています。

 

というわけで、このような記載に変更しています。

 

 

Q. 最近、再発するようになった気がします。効いているのでしょうか?

 

A. 体内でアボネックス®に対する「中和抗体ちゅうわこうたい」が作られている可能性があります。2年以上アボネックス®を使っていて、薬の効き目が悪くなったような場合は中和抗体ができている可能性があり、薬の変更が検討されます。

 

※中和抗体は現在、日本では測定できません。

 

 



国会図書館から届いた♪

 

IMG_0661

2018.12.10

ここ数日は同じパターン。メール発送の後はホームページの見直し。

 

すぐわかるNMOSD」と「NMOSDのあらまし」ができあがり♪  そして「MSのあらまし」に「小児MS」を追加しました。

 

海外ではフィンゴリモドの適応症に小児MSを入れる方向らしいけど、慎重に考えてほしいです。

 

もしこの薬をすすめられた小児MSの子がいたら、治療前に一度、経験豊富で公平な考えをもった先生に診てもらってほしいと思います。

 

 


 

 

か、か、かこちゃ

 

 

IMG_0612

 

 

後ろの足ツボが気になるでしょ

 

 

IMG_0609

 

 

よく大浴場にあるでしょ

 

 

IMG_0614

 

 

こないだ登別温泉の第一滝本館で買ってしまったのだ

 

2018.12.7

昨日と今日はメール発送と銀行まわり(みずほのみ)で、あとはずっとホームページの見直しです。

 

NMOSDのあらまし – 症状」のところで、何時間も取られましたー。

 

症状一覧の表の罫線の一部が、どういうわけか二重になってしまい、原因がさっぱりわからない。

 

うぬー。

 

ふと、その部分の行頭の用語を、ひとつの段落として認識させたところ、なぜか直りました。

 

何で直るのかもさっぱりわからない。

 

私のHTMLの知識はそんなもんです。

 

ところでNMOSDの症状の「疲労」。疲労といえばMSに特徴的な症状だと思ってたんですが、NMOSDでも疲労はよくある症状なのだと、完全ブックを書いてる時に、大橋先生に教えていただきました。

 

 


 

 

ちゃんとした顔のカコちゃは久しぶり

 

 

IMG_0464

 

 

か、か、かわいい… か、か、かこちゃ…!

 

 

と、「か」を連発してばかりいたら、

 

 

「か、か、か」と言うだけで、

 

 

グルル… グルル…と鳴くようになってしまった

2018.12.5

1/212
認定特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.