金沢で講演会|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorder; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
MSの専門医が答えるQ and A
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
NMOSDの専門医が答えるQ and A
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
中田郷子のブログ
近藤誉之のブログ
マダミーのブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > Madamyのブログ > 金沢で講演会

Madamyのブログ

金沢で講演会

MS/NMO金沢講演会を開催しました。会場は武蔵が辻のバス停近くの金沢ビジネスセンターです。まずは代表から開催の挨拶とキャビンの状況や新規事業について、お話させていただきました。

 

m150926a

前半は田中惠子先生(金沢医科大学)の司会で、高橋和也先生(医王病院と金沢大学)による「MS/NMOのあらまし」です。

 

m150926b

風邪のように、ウイルスがいなくなったら完治するような病気ではありません、という説明がよくわかりました。免疫系については、妊娠と出産の機能を持つ女性の身体は複雑です、というお話でした。

 

悪くなってから受診するのではなく、定期的に受診することも勧められました。

 

リハビリについても教えていただきました。再発時に足が弱い状態で自己流に歩行訓練を始めると、へんな癖がついて別の所に負荷がかかる恐れがあるため、本格的にリハビリに力を入れるのは、急性期を過ぎて足に力が入るようになってからとのことです。

 

m150926c

後半は松井真先生(金沢医科大学)の司会で、宮本勝一先生(近畿大学)による「MS/NMOの治療について」です。

 

m150926d

現在使用されている薬について、それぞれの特徴を学びました。飛びつきたい薬があるかもしれないが、よーく考えてから使ってくださいと教えてもらいました。

 

副作用として、PMLを発症したり悪性リンパ腫を起こしたりする可能性も学びました。治験中の薬、将来に期待できる薬についても知りました。

 

再発予防薬のグラチラマー酢酸塩(コパキソン®)は、来週にも承認されるそうです。

 

m150926f

最後はキャビン代表から「私の経験からおすすめしたい過ごし方」の演題で話をさせていただきました。

 

(私の場合)→(とはいえ)→(おすすめしたい)の付箋が付けられたスライドで始まりました。

 

朝は起きる、夜は寝る、というリズムをつける習慣が必要ですという話をしていました。深夜のネット利用、そして寝る前のテレビ鑑賞は寝るリズムを崩します、と話しました。また、受診の仕方は具体的な説明でした。

 



m150926g

「弁当忘れてもカサ忘れるな」

 

北陸金沢の格言です。弁当は駅弁にするとしてカサは持ちました、が、デジカメ忘れたであります(本ページの写真は代表が撮った+自分のスマホで撮ったものです)。

 

ほとんど時間はありませんでしたが、お茶受けのお土産はしっかり買ったであります。

2015.9.26

認定特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.