エクリズマブの治験|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
スタッフブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin facebook
ms cabin instagram
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > Madamyのブログ > エクリズマブの治験

Madamyのブログ

エクリズマブの治験

治験を行っている製薬会社の方と面談しました。NMOの患者さんを対象に、世界的に治験を実施しています。

 

今はNMOの患者さんにはステロイド薬が有効とされています。でも、副作用があります。先日も数人のNMOの患者さんからお話をうかがいましたが、身にしみた副作用が沢山あることに驚きました。

 

「ステロイドで抑えられているから良いじゃない」ということでは決してないというお話でした。みなさん同じことを話してくれました。

 

この治験が上手くゆけば明るい光が見えてくるように思いました。

 

日本神経免疫学会「NMOを対象としたエクリズマブ治験」
※募集予定期間は来年(2016年)末まで延長されました。

 



m151217a

フォーラムのお迎え花が咲き誇っているであります。

 

m151217b

自慢。50歳でデビューして6年目のゴール写真。

 

1等賞ではありません、どちらというと最下位の部であります。ポスターにしてくれた主催者側の言い分は「楽しそうだから」だそうです。

2015.12.16

特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.