就労セミナー|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
スタッフブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin facebook
ms cabin youtube
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > Madamyのブログ > 就労セミナー

Madamyのブログ

就労セミナー

第1回MS/NMO患者さん向け就労セミナーを開催しました。

 

m160903a

株式会社D&Iのご協力をいただきました。

 

m160903b

講師は事業部の東郷佑紀先生でした。お名前からつい、東郷元帥を思い出しました。

 

m160903c

今回は「働くとは?」のテーマでお話を聴きました。なぜ働きますか? と先生から投げかけられた問題に、参加者と考えました。

 

食べるため、家族を養うため、親のすねかじりから逃れたいから・・・いろいろありました。大人買いがしたいわ、という素直な言葉もあって場がとてもなごみました。

 

病気を持ちながら働く方法や情報を習いました。いくつかのケースを話してくださったので、みなさん納得された様子でした。

 

障害や病気があっても企業が求める人材があるようです。今は技術や方法よりも人柄や意識を重視する企業が増えているようです。そのいくつかを習いました。

 

あっという間の2時間でした。次回は9/10(土)に開催します。定員に達しています。

 


 

m160903d

会場はJR田町駅の近くです。

 

m160903e

浜松町で降り損ねて田町で降りたことがありますが、駅の外は初めてです。

 

m160903f

会場があるビル前では東京タワーがお迎えしてくれました。

 

m160903g

近くに慶應三田校舎があるのでしょうか?

 

m160903h

もの珍しくて新鮮でした。商店街はわが町の商店街より狭くて、とても親しみがあったです。

 

m160903i

建物の隙間に大切そうに置かれているお稲荷様。狭くて正面から写せないのであります。

 

2016.9.3

特定非営利活動法人MSキャビン
トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.