NHK放送センター|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
スタッフブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin instagram
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > Madamyのブログ > NHK放送センター

Madamyのブログ

NHK放送センター

六本木フォーラムで司会をしていただいたNHKアナウンサーの武田真一さんを訪問しました。

 

お互いにキャビンとは長いお付き合いだったことを改めて懐かしみました。治療薬の名前など親近感がわきます、と話していました。

 

当初は音声のバナナチップスも担当してくれました。自宅で、奥様や幼いお子様達も動員して音声版を作ってくれていました。

 

まだお口が回らないお子さんが、タイトルを読んでくれたこともありました。「バナチップス○○号!!」って大きな声を聴くだけで元気が出るという声もありました。

 

そのお子さん、もう21歳になったとのこと。

 

NHK放送センターを訪問しましたが、廊下があちこち擦れて剥がれていました。廊下に物が置かれて狭く、迷路のようで、歳月を計る目安のようでした。

 

武田真一さん、ご家族の皆様、沢山のご協力ありがとうございました。

 



m161115a

11月3日に明治神宮をお参りしました。鳥居の外までは、代々木のプール通いなどで何度もお参りしたであります。

 

m161115b

鳶の人達が集まっていたであります。

 

m161115c

奥の鳥居をくぐるのは久しぶりであります。海外の人、七五三のお参りなどの参拝者が大勢であります。

 

m161115d

境内ではいろいろなイベントがあったです。

 

m161115e

ひょっとことおたふくの面を付け「両面舞い」。

 

m161115f

お子様達の「江戸囃子」であります。遠くから鳶の人達の木遣りも聴こえたです。

 

m161115g

明治神宮宝物館も見学しました。

 

初代神武天皇から昭和天皇までの肖像画が圧巻でありました。神武天皇のお誕生日なので、肖像画の前でもお参りしました。

 

m161115h

宝物館の前庭では流鏑馬行事を終えた神馬が、飾りを外していたです。

 

m161115i

ねぎらいでしょうか、リンゴを貰っていたであります。

2016.11.15

特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.