神奈川免疫性脳・神経疾患研究会|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
中田郷子のブログ
近藤誉之のブログ
マダミーのブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin instagram
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > Madamyのブログ > 神奈川免疫性脳・神経疾患研究会

Madamyのブログ

神奈川免疫性脳・神経疾患研究会

「神奈川免疫性脳・神経疾患研究会」を聴講させていただきました。神奈川免疫性脳・神経疾患研究会とバイエル薬品株式会社さんの共催でした。

 

聴いたことのある内容だったり、まったくチンプンカンプンだったり、横文字ずらりだったりと難しかったです。

 

越智博文先生はとても人気で質問攻めにあっていました。ずばり具体的な回答でしたので、会場は納得されていたようでした。キャビンの役員でもある先生なので誇らしかったです。先生達の熱気が伝わりました。

 

17回も続いたバイエル薬品社さんの講演会は、今回で終了とのこと。越智先生は治験の時から携わったことで、バイエル薬品社さんには大変お世話になったと感謝のお言葉がありました。

 

17年のベタフェロン上陸の歴史を感じ、感謝いたしました。聴講させていただきありがとうございました。

 



浅井三姉妹のお江様のゆかりの土地を訪ねました。諸田玲子さんの小説「美女いくさ」で、戦国時代のお姫様達の戦う姿を実感したのであります。

 

m161118a

まずは現存する聖徳太子が建てた四天王が気なったであります。現存は三重県の津と大阪だというので、まず津へ行きました。

 

m161118b

耐震工事中で拝観はできませんでした。

 

m161118c

事前に連絡とりましたので、快く中まで入れていただくことができました。奥の間に移動されていた定朝作の仏様、他を至近距離で拝むことができました。

 

m161118d

もったいなくて仕方ありませんでした。津城跡なども歩く予定でしたが、仏様をわが物にしたようで動けませんでした。

 

m161118e

境内には芭蕉塚もありました。境内にある織田信長・お市様の母・土田御前のお墓もお参りできました。

 

m161118f

ランチは津名物のでか餃子でした。

 

m161118g

大阪四天王寺も工事中でした。

 

m161118h

旧くて大きな石の鳥居であります。

 

m161118i

2016.11.18

特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.