ナタリズマブ(商品名:タイサブリ)承認 →発売|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
スタッフブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin facebook
ms cabin instagram
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > お知らせ~薬について > ナタリズマブ(商品名:タイサブリ)承認 →発売

薬について

ナタリズマブ(商品名:タイサブリ)承認 →発売

多発性硬化症(MS)治療薬「ナタリズマブ(商品名:タイサブリ)」が3月24日、承認されました。適応症は「MSの再発予防および身体的障害の進行抑制」です。

 

ナタリズマブは、MSに関連があるとされるリンパ球が脳に入らないようにブロックする作用があると考えられています。

 

すでに欧米で市販されており、日本では2011年から治験がおこなわれていました。国内25施設で実施された治験では、新しい病巣の発生率が偽薬と比較して84%低下したことが確認されました。

 

副作用として、脳の感染症「進行性多巣性白質脳症(PML)」「ヘルペス脳炎」「髄膜炎」や過敏症、日和見感染症が挙げられています。中でも脳の感染症には特に注意が必要です。添付文書「警告」にも記載され、使用にあたっては特段の留意が求められています。

 

通常は、今後数ヶ月のうちに薬の値段(薬価)が決まって販売となります。

 

→2014年5月23日に薬価収載されました。月1回の点滴で228,164円です。
→2014年6月4日に発売されました。

2014.4.1

月別アーカイブ
特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.