再発が疑われる時|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
スタッフブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin facebook
ms cabin youtube
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > MSのあらまし > 再発が疑われる時

MSのあらまし

- 再発が疑われる時

はじめに | 一般の方へ | MSとは | 病気の起こり方 | 症状 | 検査と診断 | 経過 | 治療 | 研究 | 日常生活でできること | 再発が疑われる時 | 代替・補完療法 | 利用できる制度 | 妊娠・出産 | よくある質問 | コロナワクチン

再発が疑われる時にどうしたらよいか主治医に確認

 

MSの再発は「新しい症状が出るか、あるいは、もともとあった症状が明らかに悪化して24時間以上続き、休んでも体温が下がっても回復しない」と理解されています。しかし再発の仕方や程度はいろいろで、これに当てはまらないことがよくあります。

 

それまでなかった症状が出てきた時や、もともとある症状が悪くなった時は、まずは1〜3日ほど様子をみてください。回復しそうになかったり、さらに悪化したりするようなら主治医に連絡します。ただ視力低下や麻痺の症状が強い場合はすぐに受診してください。

 

どのような変化があったら受診すべきか、予約外、夜間・休日の受診はどうすればよいか、主治医にはどう連絡すればよいのかについて、前もって主治医に確認しておいてください。「何かあっても、こうして先生に連絡できる」という安心感も得られます。

 

再発した場合

ms10

 

再発して治療が必要だと判断された場合は、最優先で治療を受けてください。

 

再発時にまず行われるのはステロイドパルス療法で、これは外来でできることもあります。その場合は決して無理をしないように注意してください。通院で体力も消耗されているため、外来で治療する場合は特に、睡眠時間を増やしたり、予定を延期・中止したりして、治療と休息を第一に考えてください。

 

またステロイドパルス療法をすると一時的に血栓症ができやすくなったり、感染症にかかりやすくなったります。治療後1カ月程度は免疫機能が低下していると考え、この間は一層、感染予防に努めてください。

 

再発時はあせらずに心身ともにゆっくり過ごしてください。ただ「絶対安静」ではありません。疲れない程度に体を動かしておくことも必要です。ほとんど動かずに横になっているのではなく、動ける範囲で動くようにしてください。

 

特定非営利活動法人MSキャビン
トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.