妊娠|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorder; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
MSの専門医が答えるQ and A
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
NMOSDの専門医が答えるQ and A
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
中田郷子のブログ
近藤誉之のブログ
マダミーのブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > MSのあらまし > 妊娠

MSのあらまし

- 妊娠

はじめに | MSとは | 病気の起こり方 | どのような人に多いか | 症状 | 検査と診断 | 経過 | 治療 | 研究 | 日常生活でできること | 再発が疑われる時 | 代替・補完療法 | 社会資源 | 妊娠

「妊娠・出産に問題なし」で見解一致ms13

 

MSが直接の原因で子供ができにくくなったり、出産に悪影響を及ぼしたりすることはありません。流産、死産、奇形発生、分娩時の合併症の危険性が高まっている事実はありません。

 

現在は「MSを理由に妊娠をあきらめるべきではない」という見解で一致しています。実際に多くのMSの人が子供を産み、育児に励んでいます。

 

まわりからのサポートを準備

 

妊娠中はMSが安定する傾向にありますが、産後3~6ヶ月間に再発しやすくなります。特に産後3ヶ月に再発が多く、20〜40%がこの時期に再発していると言われています。ただ残り60%〜80%は再発していないことも気に留めたいところです。

 

産後に再発しやすくなるのは、ホルモンのバランスが変わることや育児による疲労、不充分な睡眠などが考えられますが、はっきりしたことはわかっていません。とにかく、特に産後はまわりから充分なサポートが得られるように準備しておくに越したことはありません。

 

妊娠希望の場合は主治医に相談を

 

MSで使われる薬の中には妊娠中は使用できない薬があります。妊娠を希望する場合は再発予防薬の使用も含め、主治医によく相談してください。

 

こちらのページもご覧ください。
「妊娠とMS」

 

認定特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.