症状|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
スタッフブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin instagram
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > NMOSDのあらまし > 症状

NMOSDのあらまし

- 症状

はじめに | NMOSDとは | 病気の起こり方 | どのような人に多いか | 症状 | 検査と診断 | 抗MOG抗体関連疾患 | 経過 | 治療 | 研究 | 日常生活でできること | 再発が疑われる時 | 代替・補完療法 | 社会資源 | 妊娠

症状は人によって違い、1人の患者さんでもよく変動

 

nmo06.pngNMOSDの症状は通常、病巣びょうそうができる部分に応じて出てきます。病巣ができる部位や大きさは人それぞれで違うので、症状の出方は人によって様々です。非常に個人差があり、1人のNMOSDの人と別のNMOSDの人を比べてみた時、同じ病気の患者さんとは思えないことがあります。

 

さらに1人の患者さんでも、症状は季節や体調の影響でよく変わります。日によって変わることもあります。「昨日は元気そうだったのに、今日は具合が悪そう」といったこともよくあります。

 

よく見られる症状

 

よくみられる症状は次のとおりです。いろいろな症状がありますが、ひとりの患者さんが全てを経験するわけではないこと、そして、ここに解説していない症状もあることをご留意ください。

 

 

視神経の症状
05a「ぼやける」「何となく暗い」「視野しやが欠ける」「色がわかりにくい」「まぶしい」など。目の中や目の奥、目の周辺が痛くなることもあります。特に目を動かした時に目の奥が痛くなることが多いです。

 

予防治療をしていない場合は重症になることが多いです。

 

脊髄の症状

「力が入らない」「歩けない」「立てない」「起き上がれない」など。予防治療をしていない場合は重症になることが多いです。

 

nmo06c「しびれる」「ビリビリ痛い」などの感覚障害が出ることもあります。温覚、冷覚、痛覚などがわかりにくくなったり、全ての感覚がにぶくなったりすることもあります。

 

脊髄の病巣部位に一致して、体幹を帯できつく締められているような痛みが出ることもあり、これを「帯状絞扼感たいじょうこうやくかん」といいます。また動作をきっかけに、意思とは関係なく痛みを伴って激しいつっぱりが起こることがあり、これを「有痛性強直性痙攣ゆうつうせいきょうちょくせいけいれん」といいます。

 

08そのほか、首を前に曲げると、腰から足にかけてしびれが走る「レルミット徴候ちょうこう」が出ることもあります。

 

「トイレの回数が多い」「急にトイレに行きたくなる」「尿が出にくい」「漏らしてしまう」「尿を出し切った感じがしない」などの排尿障害や、便秘・便失禁などの排便障害が起こることもあります。

 

脳幹のうかんの症状

数日〜数週間持続して止まらないしゃっくり、吐き気、嘔吐おうと(吐いてしまうこと)、物が飲み込みにくくなる嚥下えんげ障害、呼吸不全、物が二重に見える複視ふくしなど。

 

視床下部ししょうかぶの症状

強いのどの渇きや多尿たにょうを来す尿崩症にょうほうしょう、充分な睡眠にも関わらず日中に強烈な眠気を発作性に起こす過眠症かみんしょう(ナルコレプシー)、意識障害など。

 

大脳の症状

NMOSDでは大脳に病巣ができることもあります。症状は出ないもののMRIで病巣が写る「無症候性病巣むしょうこうせいびょうそう」も含めると、NMOSDの50〜70%に大脳病巣があるといわれています。主な症状は意識障害・けいれん、体の縦半分だけ麻痺する片麻痺へんまひ、両目の同じ側の視野が欠ける同名半盲どうめいはんもうなどです。

 

疲 労

05c-150x104「急にエネルギーが切れて動けなくなる」「起きたばかりなのにもう疲れている」など。神経伝導が障害された部分に対して通常通りの命令が要求されるため、そのうち神経が疲れて上手く働かなくなってくるのだろうと考えられています。

 

また、気温や運動量、ストレスの有無などに関わらず、どうしようもない倦怠感けんたいかんを経験することもあります。

 

その他
10体温が上がると症状が一時的に悪化したり別の症状が出てきたりすることがあります。これは「ウートフ現象」と呼ばれ、体温が下がれば症状は回復します。ウートフ現象の有無と程度は人それぞれです。

 

また、性機能が障害されることがあります。NMOSDが直接の原因で妊娠できなくなることはありません。

 

 

 

 

 

特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.