経過|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
中田郷子のブログ
近藤誉之のブログ
マダミーのブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin instagram
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > NMOSDのあらまし > 経過

NMOSDのあらまし

- 経過

はじめに | NMOSDとは | 病気の起こり方 | どのような人に多いか | 症状 | 検査と診断 | 抗MOG抗体関連疾患 | 経過 | 治療 | 研究 | 日常生活でできること | 再発が疑われる時 | 代替・補完療法 | 社会資源 | 妊娠

再発とは

 

NMOSDの「再発」とは「新しい症状が出るか、あるいは、もともとあった症状が明らかに悪化して24時間以上続き、休んでも体温が下がっても回復しない」と定義されています。

 

再発時は症状が強く出ており、このうち治療が必要な時期を「急性増悪期きゅうせいぞうあくき」と呼びます。

 

NMOSDの自然経過

 nmocourse

治療しないでいた場合の経過を「自然経過」といいます。

 

NMOSDの自然経過を右に示しました。初発症状は大抵、重症です。そして1年に1〜1.5回の高い頻度で再発し、多くの場合は再発の度に障害が増えていきます。1回の再発で失明したり車椅子生活になったりすることもあります。

 

nmo05-135x150そのためNMOSDでは、診断されたらすぐにステロイド薬や免疫抑制薬などで再発を予防します。これで大抵は抑えられますが、そのまま再発しないでいられるか、再発してしまうか、その程度はどれくらいかなど、経過は予測できません。

 

しかしNMOSDは最近いろいろなことがわかってきていて、早期診断と治療ができるようになりました。何らかの症状を抱えつつも、普通の生活を送っている人が増えてきています。

 

総合障害度評価尺度(EDSS)

 

NMOSDでは、症状によって生活に影響を受けている人が多いです。NMOSDにはその状態を把握するための障害度の尺度がないため、多発性硬化症(MS)で用いられている尺度を代用して評価しています。

 

現在、MSで使われている尺度は「総合障害度評価尺度(EDSSいーでぃーえすえす)」というものです。障害の程度を0から10まで0.5ポイントずつ数値化したものです。EDSS-0は全く正常で、EDSS-1は「障害なし」、EDSS-4は「補助・休息なしで500m歩行可能」、EDSS-6は「杖歩行」、EDSS-7は「補助があっても5mは歩けない」という具合に、数字が増えるのに比例して障害の程度が増していきます。

 

特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.