治療|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
スタッフブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin facebook
ms cabin instagram
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > NMOSDのあらまし > 治療

NMOSDのあらまし

- 治療

はじめに | NMOSDとは | 病気の起こり方 | どのような人に多いか | 症状 | 検査と診断 | 抗MOG抗体関連疾患 | 経過 | 治療 | 研究 | 日常生活でできること | 再発が疑われる時 | 代替・補完療法 | 社会資源 | 妊娠

治療は3つに分けて考えます

 

NMOSDには根治療法はありません。治療は、再発した時の「急性増悪ぞうあく期の治療」、再発しないようにする「再発予防・進行抑制の治療」、そして残った症状をやわらげる「対症たいしょう療法」の3つに分けられます。

 

どの治療を、どのタイミングでおこなうかは、個々の患者さんで違います。実際の治療は主治医とよくご相談ください。

 

急性増悪期の治療(ステロイドパルス療法)

 

ms07a-150x139急性増悪期のNMOSDで最もよくおこなわれるのは「ステロイドパルス療法(パルス療法)」です。通常、メチルプレドニゾロンコハク酸エステルナトリウム(ソル・メドロール®)を1日に500〜1,000 mg、3〜5日間点滴します。これを「1クール」といいます。クールとは「1つの治療期間」といった意味です。NMOSDでは通常、パルス療法を1クールおこないます。効果が不充分な時にはもう1〜2クールおこなうこともあります。

 

パルス療法の効果は、炎症の具合や治療のタイミングでも違いますが、多くは治療を始めて比較的短期間で出てきます。しかし効果を確認できず、追加投与や血漿浄化療法が必要なこともあります。

 

急性増悪期の治療(血漿浄化療法)

 

17-150x127ステロイドパルス療法の効果が充分に得られない場合や視神経炎や脊髄炎が重度の場合、また副作用のために大量のステロイド薬が使えない場合は、血漿浄化療法けっしょうじょうかりょうほう(単純血漿交換療法、血漿吸着療法)がおこなわれることがあります。「血液中から抗アクアポリン4抗体などNMOSDに関連していそうな因子を取り除くことで病状を改善させる」といった治療です。

 

再発予防の治療(経口ステロイド薬)

 

nmo13.pngNMOSDの再発予防薬として国内で最もよく使われているのは、飲み薬のステロイド薬です。プレドニゾロン(プレドニゾロン®、プレドニン®)、メチルプレドニゾロン(メドロール®)、デキサメタゾン(デカドロン®)などが使われます。

 

多発性硬化症・視神経脊髄炎診療ガイドライン2017(日本神経学会監修)では、「NMOSDの発症または再発時には点滴のステロイドパルス療法をし、その後、プレドニゾロン量として体重1キロあたり0.5〜1mg/日の飲み薬のステロイド薬を服用して徐々に減らしていき、15mg/日まで減らした後は病状を見ながらさらにゆっくり減らし、最終的には体重1キロあたり0.1mg/日にしていく」としています。

 

だいたい15mg/日までは比較的早く減らせるのですが、このあたりから減量は慎重になります。というのも飲み薬のステロイド薬が「ある一定量」より少なくなると、NMOSDが再発する恐れがあるからです。

 

この「ある一定量」を「維持量」といいます。維持量は病状や体格など人によって違います。

 

再発予防の治療(免疫抑制薬)

 

海外では免疫抑制薬がNMOSDの再発予防の第1選択薬としてすすめられていますが、日本ではNMOSDの再発予防薬としての効能は承認されていません。しかし実際には、ステロイド薬の副作用が問題になる場合や主治医の考え方などで、免疫抑制薬を単独で使ったり、少量のステロイド薬と併用したりすることがあります。

 

NMOSDの再発予防のために日本でよく使われているのは、アザチオプリン(イムラン®、アザニン®)50〜150mg/日と、タクロリムス水和物(プログラフ®)1〜3mg/日です。シクロスポリン(ネオーラル®)140〜150mg、ミコフェノール酸モフェチル(セルセプト®)750〜3,000mg/日が使われることもあります。

 

残った症状を緩和

 

18-150x137NMOSDでは、急性増悪期治療を適切におこなっても、症状が充分に回復せずに残ってしまうことがあります。それがこの先良くなっていくのか、または良くならないのかはわかりません。

 

次の症状は薬で軽減できることがあります。我慢せず、薬の服用を主治医とご相談ください。

 

痛み、しびれ

抗てんかん薬:カルバマゼピン(テグレトール®)、プレガバリン(リリカ®)、トピラマート(トピナ®)、クロナゼパム(リボトリール®、ランドセン®) 、フェニトインナトリウム(アレビアチン®)など

 

抗うつ剤:アミトリプチリン塩酸塩(トリプタノール®)、イミプラミン塩酸塩(トフラニール®)、デュロキセチン塩酸塩(サインバルタ®)、パロキセチン塩酸塩水和物(パキシル®)、エスシタロプラムシュウ酸塩(レクサプロ®)など

 

その他:トラマドール塩酸塩/アセトアミノフェン(トラムセット配合錠®)、メキシレチン塩酸塩(メキシチール®)、フェンタニル(デュロテップ®MTパッチ)など

疲 労

アマンタジン塩酸塩(シンメトレル®)、レボカルニチン(エルカルチン®)、補中益気湯ほちゅうえっきとう など

 

排尿障害

膀胱の筋肉が過敏に反応してしまう場合:ミラベグロン (ベタニス®)、イミダフェナシン (ウリトス®、ステーブラ®)、フェソテロジンフマル酸塩 (トビエース®)、オキシブチニン塩酸塩(ポラキス®)、フラボキサート塩酸塩(ブラダロン®)、プロピベリン塩酸塩(バップフォー®)、酒石酸トルテロジン(デトルシトール®)、プロパンテリン臭化物(プロ・バンサイン®)、コハク酸ソリフェナシン(ベシケア®)など

 

排尿時に尿道の筋肉が緩まない場合:ウラピジル(エブランチル®)、ナフトピジル (フリバス®)、タムスロシン塩酸塩(ハルナール®)など

 

筋肉の収縮が弱い場合:ベタネコール塩化物(ベサコリン®)、ジスチグミン臭化物(ウブレチド®)など

 

排便障害

便秘(便をやわらかくする):酸化マグネシウム(酸化マグネシウム®、マグミット®、マグラックス®)、クエン酸マグネシウム(マグコロール®)、ルビプロストン (アミティーザ®)、リナクロチド (リンゼス®) 、潤腸湯じゅんちょうとう大建中湯だいけんちゅうとう麻子仁丸ましにんがん など

 

便秘(腸を刺激する):センノシド(プルゼニド®)、センナ(センナ®、アローゼン®)、ピコスルファートナトリウム水和物(ラキソベロン錠®、ラキソベロン内容液®)、ビサコジル(テレミンソフト坐薬®)など

 

便失禁:下痢止めの塩酸ロペラミド(ロペミン®)、便の硬さを調整するポリカルボフィルカルシウム(ポリフル®)など。便が緩くて困る場合はビフィズス菌製剤(ラックビー®)や酪酸菌製剤(ミヤBM®)など

 

 

 

特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.