認定特定非営利活動法人 MSキャビン│多発性硬化症・視神経脊髄炎の情報提供

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorder; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
MSの専門医が答えるQ and A
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
NMOSDの専門医が答えるQ and A
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
中田郷子のブログ
近藤誉之のブログ
マダミーのブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
多発性硬化症のビギナーさんへ
小学生・中学生のみなさんへ
医療費助成について
一般の方へ
お知らせ
一覧
ニュース
2018.7.3
アンケート&インタビュー協力者募集中 …募集終了
ニュース
2018.6.27
7/28 八千代セミナー受付開始
ニュース
2018.6.25
MS・NMO防災マニュアル
ニュース
2018.5.31
6/24 医療セミナー受付開始
ニュース
2018.5.21
講演会のお知らせ(6/23盛岡市)
多発性硬化症(MS)と視神経脊髄炎(NMOSD)
エムエスキャビン

多発性硬化症(MS)と視神経脊髄炎(NMOSD)は、
免疫系が誤って脳・脊髄・視神経を攻撃すると考えられています。
視力・運動・感覚障害、疲労、認知機能障害など、
攻撃された神経の部位に応じて多彩な症状が出てきます。
症状の出方や経過は人によって違います。 

 

原因不明で根治療法はありませんが、近年、治療法が次々に開発されてきています。病気が再発した時にそれを鎮める治療と、再発を予防する治療ができるようになってきました。

 

MSは若い女性に多く、NMOSDはMSよりやや高齢の女性に多く発症します。どちらも直接命に関わることはほとんどなく、また人から人に移る伝染病ではありません。異常な遺伝子によって起こる病気でもありません。

 

MSとNMOSDは指定難病に定められており、H26年度現在の国内患者数は、両疾患合わせて約19,000人です。

 

専門は神経内科で、診断・経過観察にはMRI検査が必要です。

ブログ
中田郷子のブログ
一覧
理事長 / MS患者
2018年7月16日

メールの後は今日も108号。   「タイサブリ®について」「NMOSDの定期的な検査」「高齢発症のN・・・

IMG_5448
2018年7月15日

メール発送の後は、NMOSD完全ブック。第4章「経過」を最終監修に出しました。   MSのように「再・・・

IMG_5442
近藤誉之のブログ
一覧
理事 / 神経内科医・京都大学医学部附属病院
2017年12月24日

12月に入って数日だけれど入院したりしたこともあり、少し仕事を絞りました。おかげで、いつもより少し穏やかな年末・・・

2016年12月31日

MSはご存知のように中枢神経の複数の箇所に炎症がおこることにより再発と寛解を繰り返す疾患です。最終的には他の疾・・・

madamyのブログ
一覧
運営委員
2018年6月30日

北海道医療センター主催の講演会を聴講しました。   ・北海道医療センター神経免疫疾患センター開設記念・・・

m180630a
2018年6月24日

視神経脊髄炎医療セミナーを開催しました。     ・2018年6月24日(日曜日)14:3・・・

m180624a
認定特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.