特定非営利活動法人 MSキャビン│多発性硬化症・視神経脊髄炎の情報提供

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
スタッフブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
ms cabin instagram
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール
多発性硬化症のビギナーさんへ
小学生・中学生のみなさんへ
医療費助成について
一般の方へ
お知らせ
一覧
ニュース
2019.4.17
6/15(土)小平市で他団体主催講演会
ニュース
2019.4.16
5/12(日)お茶の水セミナー 受付開始
ニュース
2019.4.16
視神経脊髄炎のアンケート募集終了
ニュース
2019.4.3
6/8(土)札幌講演会チラシ完成
ニュース
2019.4.3
視神経脊髄炎のアンケート募集中
多発性硬化症(MS)と視神経脊髄炎(NMOSD)
エムエスキャビン

多発性硬化症(MS)と視神経脊髄炎(NMOSD)は、
免疫系が誤って脳、脊髄、視神経を攻撃すると考えられています。
視力・運動・感覚障害、疲労、認知機能障害など、
多彩な症状が出てきます。
症状の出方や病気の経過は人によって違います。 

 

原因不明で根治療法はありませんが、近年、治療法が次々に開発されてきています。病気が再発した時にそれを鎮める治療と、再発を予防する治療ができるようになってきました。

 

MSは若い女性に多く、NMOSDはMSよりやや高齢の女性に多く発症します。どちらも直接命に関わることはほとんどありません。人から人にうつる伝染病でも、特定の遺伝子の異常によって起こる病気でもありません。

 

MSとNMOSDは指定難病に定められており、H26年度現在の国内患者数は、両疾患合わせて約19,000人です。

 pbbanner

専門は脳神経内科(神経内科)で、診断・経過観察にはMRI検査が必要です。

 

ブログ
中田郷子のブログ
一覧
理事長 / MS患者
2019年4月16日

昨日はお休みいただいて受診&MRI。病巣変わらず異常ナシ。ありがとうございます。   難病認定から外・・・

IMG_1538
2019年4月14日

昨日1日で事業報告書を仕上げて、今日、バナチ111号と共にもう一度見直して、お昼過ぎに入稿しました。 &nbs・・・

190414c
2019年4月12日

寒い。寒すぎる。   今日も真冬並みの寒さ。エアコンとヒーターのダブル使い。   &nbs・・・

IMG_1595
2019年4月11日

寒い。寒すぎる。   真冬並みの寒さですよ。       さて、ずーー・・・

IMG_1560
2019年4月8日

お気づきになった方もいるかもですが、このホームページにある3つのブログは現在統合中です。   メニュ・・・

IMG_1551
2019年4月6日

バナナチップスの新しい企画で医師インタビューが始まりました。八千代医療センターの大橋先生を訪問させていただきま・・・

特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.