情報誌のご案内

情報誌のご案内

 

情報誌「バナナチップスPlus」

その時期にあったテーマを掘り下げた特集記事や、海外ニュースの翻訳、専門医による研究報告、ドクター・インタビューなど、多発性硬化症(MS)と視神経脊髄炎(NMOSD)、MOG抗体関連疾患(MOGAD)に関する最新情報や、ホームページには掲載していない内容を中心にまとめています。

年4回(1月、4月、7月、10月)、毎号A5版40~60ページ程度でお届けしています。

1997年より発行。現在、約1,500名の方にお読みいただいています。

3,000円(送料税込)

その時期に合ったテーマを特集として掘り下げて患者が初稿を書き、MSキャビン役員でもある7人の編集委員が意見や見解を加えて原稿を仕上げています。

編集委員が世界中の論文の中からニュースをピックアップ、それらを読みやすい文章表現に落とし込んでいます。論文の翻訳も編集委員が監修しています。

3疾患の患者さんに役立つ日常生活のお話も掲載。巻末には受診の際に使える「症状・体調メモ」が付いています。

3疾患の患者さんの体験談をご紹介しています。診断された時の気持ちや症状とどう付き合っているかなど共感いただけそうです。

3疾患を専門で診ている専門医に話を伺っています。神経免疫を選んだきっかけや、3疾患の診療において思うこと、公開できる趣味などもご紹介。

新規でお申し込みの際には「多発性硬化症完全ブック(2,500円)」「視神経脊髄炎完全ブック(2,500円)」どちらか1冊を無料で差し上げます。
※初回お申し込みお1人様1点限りです。

新規でお申し込みの際には、在庫のあるバックナンバー(1冊500円〜750円相当)を全て差し上げます。

電話:木〜土(9:00〜16:00)
メール:年中無休

122号特集「3疾患の再発」

バナナチップスは1997年の創刊以来、多くの方にご愛読いただいています。当時から「新しく・信頼ある・分かりやすい」情報の掲載を心がけていて、時にその時代の常識を変える一翼を担っています。

たとえば20年前はMSの妊娠には消極的な意見もありましたが、海外情報と専門家の見解を元に「MSでも妊娠できる」の情報を発信し続け、今ではMSの人の妊娠は常識になっています。

薬については効果と同じくらい副作用も注視してバランス良く掲載することを努めています。患者さんとご家族をはじめ、医療従事者の方々にもお役立ていただいています。