情報誌のご案内

最新号:バナナチップスPlus123号

2022年4月27日発行

▶「バナナチップスPlus123号見どころ(ブログ)」へ

特集

病気を抱えながら働く

医療相談

  • 新型コロナに感染したら予防治療は?(MS、NMOSD、MOGAD)

MSニュース

  • [海外ニュース] EBウイルスとMSの関係
  • [海外ニュース] テクフィデラ®改良版

NMOSDニュース

  • [海外ニュース] 小児期発症の視神経脊髄炎
  • [海外ニュース] GFAPとニューロフィラメント軽鎖

MOGADニュース

  • [海外ニュース] MOG抗体関連疾患の再発と治療

おくすりのこと

第3回「ステロイド薬」

YouTubeダイジェスト(動画を要約)

  • 多発性硬化症「ウェブフォーラムダイジェスト」→YouTubeへ
  • 視神経脊髄炎「ウェブフォーラムダイジェスト」 →YouTubeへ
  • MOG抗体関連疾患「ウェブフォーラムダイジェスト」→YouTubeへ

研究最前線

「多発性硬化症のGWAS研究」
磯部紀子 先生(九州大学大学院医学研究院)

日常生活のおはなし

体を動かそう

みんなのストーリーズ(体験談)

MS患者さん1名、NMOSD患者さん1名、MOGADご家族1名からお話を伺いました。

ドクター・インタビュー

  • 富沢雄二 先生(順天堂大学医学部附属順天堂医院) 
  • 横手裕明 先生(新渡戸記念中野総合病院)

その他

  • ひみつさんレシピ(きのこ編)
  • 1〜3月の3カ月報告
  • 巻末付録(症状・体調メモ)

ご感想

MS患者さんから

今回のテーマは、「病気を抱えながら働く」。

病気を理由に働けなくなることは、避けたい、の思い。自分の現状の理解が得られること、職場との相互理解が、まずは大事かなと思います。それがあって、自分らしく働けると思います。

資格取得は大きな武器です。気持ちと時間に余裕があったらチャレンジしてみるのもいいですね。

主治医の診断書は、通常勤務問題なし、で終わらないように。これが難しい、これなら可能と具体的な見解をお願いした方がよいです。出来ないことを伝えるのは、自分のためにも職場のためにも必要だと思います。

他の記事も、興味深く読ませていただきました。研究最前線、先生方が様々な角度から研究されているのをうれしく思います。難しいけどね(笑)