中田郷子のブログ|MSキャビン(多発性硬化症 視神経脊髄炎)

MS CABIN

多発性硬化症(Multiple Sclerosis; MS)と視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders; NMOSD)の情報を提供しています。
独立性を強く守るため製薬企業からは寄附をいただいていません。

トップページ
MSのこと
すぐわかるMS
MSのあらまし
MSの治療薬
インターフェロン・ベータ1a(アポネックス)
インターフェロン・ベータ1b(ベタフェロン)
グラチマー酢酸塩(コパキソン)
フィンゴリモド(イムセラ、ジレニア)
ナタリズマブ(タイサブリ)
フマル酸ジメチル(テクフィデラ)
NMOSDのこと
すぐわかるNMO
NMOSDのあらまし
お知らせ
ニュース
セミナー・講演会
発行物のご案内
薬について
インフォメーション
団体概要
利用注意事項
個人情報の取扱い
リンク集
患者会
お問い合わせ
ブログ
中田郷子のブログ
近藤誉之のブログ
マダミーのブログ
ご寄付について
ms cabin twitter
QRコード

携帯サイトはQRコード、または
https://www.mscabin.org/
でアクセスできます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

トップページ > 中田郷子のブログ

中田郷子のブログ

メール発送の後バナチ110号。

 

今日はMS。「フィンゴリモド 小児でも使用可能に・2018年11月欧州委員会が認可」を書きました。

 

小児の治療選択肢が広がるのは喜ばしいことだけれど、どうしても心配なのが副作用。

 

最初、会社のプレスリリースを読みながら文章を書いてたんですが、効果のことばかりで有害事象について触れてない。これシポニモドの時と一緒。

 

なので文献も読む。こちらには有害事象にはちゃんと触れてる。

 

ちなみに、サトラリズマブ(中外)とエクリズマブ(アレクシオン)のプレスリリースでは、有害事象も記載されてました。

 

良いことばかりじゃなくてマイナス面もちゃんと出すことが信頼につながるのにね。

 

 


 

 

落ちそうだけどね

 

 

IMG_0731

 

 

いいの

 

 

IMG_0733

 

 

ここにお顔おくの

 

 

IMG_0737

 

2018.12.23

メール発送の後バナチ110号。同じパターン。

 

今日はNMOSD。「エクリズマブ(ソリリス®)治験報告・視神経脊髄炎の再発リスクを94.2%減少」を書きました。

 

これだけ効果が大きいと、気になるのが有害事象。

 

ミクスに出てる「死亡による投与中止は31例」をよく知りたくて、
→「アレクシオンのソリリス 不適切プロモーションで適応外使用誘発

 

PMDAで調べてみたところ、亡くなった方が多過ぎる。31例どころではないんですが。

 

この薬がNMOSDに使われるようになったら、注意深く観察していかないとと思います。

 

 


 

 

昨日のチチは具合悪く見えたかも

 

 

IMG_0757

 

 

夜型の彼の夜の顔

 

2018.12.22

メール発送の後、バナチ110号。昨日と同じパターン。

 

今日はMS。「シポニモド(BAF確かバフと読む312)治験報告・二次性進行型MSの経過を有意に改善」を書きました。

 

二次性進行型MSに朗報。と言いつつこれは3月の記事。ノロくてすみません。中島先生が次号に掲載したらどうかって提案してくれました。

 

日本でも近々、使えるようになると想像します。

 

完全ブックが完全でなくなる日も近い・・・。でも嬉しいことです!

 

シポニモドはフィンゴリモドと作用機序が似ていて、今回その作用機序をわかりやすく解説したいなと思っていろいろ読みました。

 

薬剤師の先生が書いたのは難しい。化学構造の亀の子が出てくると白髪が増える。

 

これわかりやすい♪ と思ったら新野先生でした。
→「フィンゴリモド塩酸塩(株式会社スズケン)」
※6年以上前の記事なのでよろしくです。

 

急に先生のお名前が出てきて何か安心した。

 

 


 

 

IMG_0752

 

 

腎臓病食をほとんど食べなくなったチチ

 

 

とにかく食べられればと、モンプチとかシーバとか、好きなのあげてる

2018.12.21

メール発送の後、バナチ110号。

 

今日はNMOSD。「サトラリズマブ(SA237)治験報告・視神経脊髄炎の再発リスクを有意に減少」を書きました。

 

再発リスク62%減だから、大きな効果だよね。しかも単独でも効くだろうとのこと。

 

この治験が始まる時、中外製薬さんがたびたび説明に来てくれたのを思い出してます。

 

どんな薬でどんな人が対象で、治験はどんな方法かなど、丁寧に教えてくれました。

 

あれから何年か経って、こうして良い結果が出たことを嬉しく思います。

 

ずっと頑張ってくださってる会社の方々や先生方、そして治験に参加してくれた人たちに感謝☆

 

 


 

 

カコ何かに似てるんだよね

 

 

IMG_0722

 

 

モモンガ? ナウシカのテト?

 

 

なんだろ

 

2018.12.20

メール発送の後はバナチ110号。しばらくこのパターンが続きそう。

 

今日はまず、MSとNMOSD共通の話題として「痛み・しびれの変動とその対策」。

 

こないだツイッターで、寒くなると痛みしびれがひどくなる件について対策をお聞きしたのですが、お寄せいただいた対策を一部、掲載させてもらいます。

 

「軍足履いてます」という方がおられて、靴下の消耗が早い私としては軍足に興味津々。レディースの可愛いのが売ってたらおしえて。

 

なぜ靴下の消耗が早いのかというと、親指の爪が反ってるから。

 

すぐに穴が開き。しょっちゅう繕ってるんですー。

 

次の話題は「インフルエンザ予防にうがいは根拠なし」。風邪予防には良いらしいんですが。

 

罹りたくないけど、罹ったら、タミフル®とリレンザ®は効かないからね。

 

インフルエンザの治療薬は5種類発売されていますが(タミフル®、リレンザ®、ゾフルーザ®、イナビル®、ラピアクタ®)、海外から、ノイラミニダーゼ阻害薬(タミフル®、リレンザ®)は効果が低いばかりか副作用が懸念されるという報告が出されています(2014年・コクラン共同計画・本部英国)。
バナチ109号(2018年秋号)より

 

 


 

 

カコ、夫に抱っこされてブスー

 

 

IMG_0711

 

 

この子はワタシでないとだめなのですよ

 

 

見てこのタスケテの顔

 

 

IMG_0712

 

 

 

2018.12.19

メール発送の後は、今日からバナナチップス110号です。

 

前号は完全ブック発行の特別号で、お伝えしたい話題を9つ、お届けしました。

 

この、全体のテーマを決めない方法は制作がラクで、MSとNMOSDの解説が重複することもなく、多くの話題を提供できるので、次号以降もそうしようと思います。

 

110号は10〜13コの話題を予定。

 

まずは「フィンゴリモド中止後に病状悪化」を書きました。FDAから先月出された警告を和訳したものです。

 

海外の話題だけだと遠い感じなので、国内でも同様の報告があるとして、9月の神経免疫学会の発表も一部入れました。

 

先は長いですが・・・年内にできる限り進めておきたく、集中します!

 

来年2/2(土)川越講演会の申し込み受付を始めました♪
→「2/2川越講演会」へ

 

 


 

 

今年も届いた!

 

 

アイフォンからのプレゼント♪

 

 

IMG_0715

 

 

アイフォンが勝手に写真をムービーにして届けてくれるんですが、タイトル「四本足のお友達」も、アイフォンが独自に考えてくれるの。

 

 

去年は・・・

 

 

IMG_0716

 

 

モフモフ〜

2018.12.18

昨日はお休みをいただきました。

 

今日はメール発送の後、Amazonです。完全ブック売るです。

 

手数料40%取られるのが痛いところですが、流通ルートに乗せられれば宣伝にもなるし、発行経費の元は取れてるし、バナチ読者さんへの販売が落ち着いたので、手続きを始めました。

 

Amazon販売のために今回はISBNコードとバーコードを作ったです。いよいよ本領発揮☆

 

とはいえ申し込みに自信がない。上手くできたのかな。まずはAmazonからの返信待ちです。

 

 


 

 

盛岡の水野先生イチオシの・・・

 

 

IMG_0706

 

 

まさしの餃子とどいた。

 

 

美味!!

2018.12.17

今日もメール発送ホームページ。

 

テクフィデラ®」が終わりました。

 

これでMS治療薬Q&Aは全部おわり。

 

来週からはバナチ110号の執筆に入ります☆

 

ということで、来年2/2(土)の川越講演会のチラシ案を作っておきました。先生OKなら来週から募集を始めます。

 

 


 

 

クリスマスプレゼントだよ〜

 

 

IMG_0692

 

 

IMG_0691

 

 

IMG_0693 2

 

 

IMG_0694

 

 

シーバを最も愛するタム基地

2018.12.15

今日もメール発送ホームページ。

 

タイサブリ®」が終わりました。

 

昨日の、フィンゴリモドとステロイドの併用ヤメテの件ですが、そうでない薬であっても、処方薬があまりにたくさんだと心配。

 

今日ご相談くださった方は、およそ20種類ものお薬が処方されていました。

 

全ての薬が本当に必要で、先生からちゃんと説明を受けていればいいんだけど、何がどうなのかわからなくてたくさん飲んでる場合は、一度先生に相談してほしい。

 

 


 

 

タム基地にチチ

 

 

滑舌改善(タムキチニチチ タムキチニチチ…)

 

 

IMG_0674

 

 

タム基地にカコ

 

 

IMG_0676

 

 

ここカコちゃんち

 

 

滑舌改善(ココカコチャンチ ココカコチャンチ…)

2018.12.14

昨日も今日も最近のパターンです。メール発送ホームページ。

 

コパキソン®」と「フィンゴリモド」の見直しが終わりました。

 

フィンゴリモドのところで、

 

 

フィンゴリモドには免疫を抑える作用があるため、経口ステロイド薬(プレドニゾロン®、プレドニン®など)や免疫抑制薬(イムラン®、アザニン®、プログラフ®など)との併用はおすすめできません。

 

 

と記載しています。

 

 

だいぶ前から訴えてるんですが、どうか併用しないでほしい。

 

9月の学会で近藤先生とポスター発表したけど、フィンゴリモドは感染症関連の有害事象報告が多いんです。そのような薬とステロイドを一緒に飲んでたら・・・

 

今は問題なくても近い将来どうなるかわからない。だからヤメテ。

 

主治医と相談してほしいけど、話にならないようであれば、主治医を変えることも検討してほしいです。

 

主治医との関係よりも、大事なのは自分の命だよ。

 

 

 


 

 

 

さむいっっっ

 

 

 

IMG_0663

 

 

 

IMG_0664

 

 

 

IMG_0665

 

2018.12.13

4/1271...3456...102030...127
特定非営利活動法人MSキャビン

本サイトは、eヘルス倫理コード2.0基準による
JIMAトラストマーク付与の認定を受けています。

トップへ

Copyright (C) MS Cabin All Rights reserved.